香川真司が今季2点目を決めた

写真拡大

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、鮮やかなループシュートで2試合ぶり今季2点目をマーク。ブンデスリーガでの通算得点数を「38」に伸ばし、通算37ゴールでFW岡崎慎司(現レスター・シティ)と並んでいた同リーガ日本人選手最多得点記録も更新した。

 30日、ドルトムントは敵地でアウクスブルクと対戦。2試合ぶりの先発となった香川は、同点に追いつかれて迎えた前半23分、FWアンドリー・ヤルモレンコのワンタッチパスをPA右からダイレクトで右足を振り抜き、鮮やかな弧を描いたループシュートでゴールネットを揺らした。

 これが決勝点となり、ドルトムントが2-1で勝利。4連勝で開幕から7戦無敗(6勝1分)とし、首位もキープした。後半36分までピッチに立った香川は、試合後に自身のツイッター(@S_Kagawa0317)を更新し、「難しいゲームだったけど、僕たちは勝ち点3を取ることができた」と勝利を報告。ハッシュタグには「さぁこれからや」とつけ、今後の活躍を誓った。


●海外組ガイド

●ブンデスリーガ2017-18特集