張るだけで肥満解消ができる!?(depositphotos.com)

写真拡大

  米コロンビア大学医療センターの研究グループは、脂肪を縮小させるスキンパッチ(貼り薬)の効果をマウス実験によって確認し、その研究成果を『ACS Nano』9月15日オンライン版』に発表した。

 発表によれば、このスキンパッチ(貼り薬)は、過剰なエネルギーをため込む性質がある白色脂肪細胞を、エネルギーを燃焼させる褐色脂肪細胞に変える褐色化(browning)を促す働きがある。

4週間で脂肪が20%減少

 褐色化を促す2種類の薬剤(ロシグリタゾンまたはβアドレナリン受容体作動薬のCL 316243)のスキンパッチを肥満のマウスの下腹部に貼ったところ、薬剤が含まれないスキンパッチを貼った肥満のマウスと比べ、4週間後に貼った部分の脂肪が20%減少した。スキンパッチは3日ごとに交換した。

 スキンパッチは1cm2ほどの大きさ。その表面に数10本の微細な針が空いている。この針から、肉眼で確認できない微小な直径約250nm(ナノメートル)のナノ粒子を充填した薬剤が経皮的に投与される仕組みだ。皮下組織で針が刺さっても痛みはほとんどない。

 同センター病理学・細胞生物学のLi Qiang氏によると、すでに同様の作用を有する経口薬や注射薬はあるものの、それらの薬剤は、全身に作用するため、消化器障害、体重増加、骨折などの副作用のリスクが強い。一方、スキンパッチは、直接脂肪組織に送り込まれるので、副作用が少ない。

 Qiang氏は「将来、スキンパッチは、腹部の脂肪を非侵襲的に減らす脂肪吸引法として有効になるだろう。だが、スキンパッチは、美容面のベネフィットよりも、肥満症や糖尿病などの安全かつ有効な治療法となる可能性が高い」と強調している。

痩せるのは脂肪の褐色化(browning)がポイント

 今回の研究成果を支える褐色化(browning)とは何だろう?

 白色脂肪組織は、過剰なエネルギーを脂肪として蓄積するが、褐色脂肪組織はエネルギーを消費する。その結果、細胞内の中性脂肪由来や血中から移行した脂肪酸が褐色脂肪細胞内で酸化分解され,ミトコンドリア脱共役タンパク質(UCP1)によって熱に変換されることから、生体内のエネルギー消費が活性化され、肥満の予防に繋がる。

 肥満は、糖尿病などの生活習慣病の元凶だ。今後も褐色化(browning)の研究の進展に目が離せない。

張り薬をなめたらいかん!

 さて張り薬のルーツはどこにあるのか?

 中国の古書(『史記』『漢書』『呂氏春秋』『神農本草経』など)によれば、薬というもののルーツは紀元前5000年頃に遡る。薬草や鉱物などを採取し、まず宗教的・呪術的・魔術的な緊急性から、煎じ薬や塗り薬などの薬作りが始まった。

 古代人は、内服や塗布の他に、薬を邪気や悪病を祓う御守りのように肌身離さず身に付けていた。飲む、塗る、貼る。薬の智慧と経験則は、今も何ら変わらない。スキンパッチのような貼り薬は、薬効がゆっくりと持続し、患部を確実・安全に快癒させるからだ。

 一般社団法人大阪府病院薬剤師会によれば、貼り薬(効能、成分、商品名)は、次の通り分類されている(http://ohp.or.jp/qa/2012/07/post-31.html)。

●全身作用を持つ貼り薬
1. 血管を広げるために心臓病に使用される貼り薬
成分/ニトログリセリン 商品名/ニトロダームTTS、ヘルツァーS、ジドレンテープ、バソレーターテープ、ミニトロテープ、ミリステープ、メディトランステープ

成分/硝酸イソソルビド 商品名/アパティアテープ、アンタップRテープ、イソピットテープ、サワドールSテープ、

成分/硝酸イソソルビド 商品名/「EMEC」テープ、ニトラステープ、フランドルSテープ、ペネティISDNテープ、リファタックSテープ

2. 婦人科などでホルモン剤の投与に使用される貼り薬
成分/エストラジオール 商品名/エストラーナ、エストラダームM、エストラダームTTS、フェミエスト

3. がんによる痛みを緩和するために使用される貼り薬
成分/フェンタニル 商品名/デュロテップパッチ

4. 気道を拡げて呼吸を楽にするために使用される貼り薬
成分/ツロブテロール 商品名/ホクナリンテープ

5. 禁煙のために使用される貼り薬
成分/ニコチン 商品名/ニコチネルTTS

●局所作用を持つ貼り薬
1. 注射をする前に痛み止めに使用される貼り薬
成分/リドカイン 商品名/ペンレステープ、ユーパッチ貼付剤
 
2. 皮膚局所の炎症を抑える貼り薬
成分/副腎皮質ホルモン 商品名/ドレニゾンテープ

3. 硬くなった皮膚をやわらかくする貼り薬
成分/サリチル酸 商品名/スピール膏M

 ちなみに、貼り薬ごとに貼り換え時期が決められている。
言うまでもないが、貼り薬は、医師の処方箋をよく守って使用しよう。

 近い将来、ウエスト周りにスキンパッチ(貼り薬)を貼るだけで脂肪が消える日も来るかもしれない。
(文=編集部)