左SBでフル出場した車屋。攻守両面で特長を見せた。写真:田中研治

写真拡大

[J1リーグ28節]川崎5-1C大阪/9月30日/等々力
 
「もっと攻撃に行きたかったですが、守備に専念しながらプレーをしました。守備のところはしっかりやれたかなと思います」
 
 C大阪戦の自身のパフォーマンスをこう語るのは、10月のハイチ戦とニュージーランド戦に向けた日本代表に初選出された車屋紳太郎だ。
 
 先日のメンバー発表会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督に「攻撃も守備もできる」と評された左SBは「(右SBの)エウシーニョがガンガン上がっていたので、枚数を考えながらやりました」と守備面で貢献。さらに攻撃面でも見せ場を作った。
 
 52分、左サイドをオーバーラップした車屋は、ゴール前で待つ小林悠を狙ってクロスを供給。ボールはDFにクリアされたが、そのこぼれ球をエウシーニョがダイレクトで叩き込み、チームの3点目が生まれた。
 
「(小林)悠くんからはああいうボール、ふわんと置く感じのボールをいつも要求されています。右サイドからサイドチェンジのボールが来て、こっち(のサイド)は空いていたので、良いところに上げられたかなと思います。相手のCBは大きいので、(FWが)勢いよく入って来られるようなボールにしました。相手の特長を考えながら入れることができました」
 
 結果的にクリアをされたため、クロスの質はさらに高めなくてはいけないが、状況を冷静に判断し、一歩先を読んでプレーをする。そんな車屋の特長が垣間見えたシーンだった。
 
 最近ではACL準々決勝の浦和戦での一発退場がイメージとして強いかもしれないが、今季はリーグ戦全試合に出場中とタフネスぶりを発揮し、好パフォーマンスを続けている。序盤戦にはCBとして最終ラインを支え、3-4-2-1採用時には、ウイングバックとストッパーも務めた。まさに柔軟性に富んだプレーヤーと言えるのだ。
 
「チームは良い感じで来ていますし、誰が出ても勝てるチームになってきているので、あとはルヴァンカップでしっかり勝ってもらって決勝で合流できれば最高かなと思います」
 
 そう話し、車屋は10月1日から代表キャンプに合流する。十分なポテンシャルを持つ男が初の舞台でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【川崎5-1C大阪 PHOTO】小林悠、エウシーニョなどの5ゴールで川崎がC大阪に快勝!