オルセン姉妹への「フラーハウス」出演依頼断念

写真拡大

米テレビドラマ「フラーハウス」の上層部は、メアリー=ケイト・オルセン(31歳)とアシュレー・オルセン(31歳)に出演依頼することを諦めたそうだ。

1987年から1995年にかけて「フルハウス」でミシェル・タナー役を2人で交代で演じ、生後9か月で演技の世界に入った双子のメアリー=ケイトとアシュレーだが、望めば「フルハウス」のスピンオフとして始まった「フラーハウス」への出演は可能だというものの、プロデューサー陣は今やデザイナーとしても活躍する2人に直接呼びかけることはせず、現在シーズン3を迎えている劇中でも2人の不在について言及することを止めたという。

クリエーターのジェフ・フランクリンは TVLineに「個人的には2人に依頼するのは諦めたよ。ドアは開かれているけど、もう電話で誘うことはしないつもりさ。2人とも興味なさそうだからね」「もう誘うこと3年になるし、2人は復帰したければできることは知っているよ。続投するかどうかは彼女ら次第だね」と話している。

一方の2004年の映画「ニューヨーク・ミニット」以来2人で共演することのなくなった姉妹は以前、「フラーハウス」は2人の復帰を見込まれてリブート化されたものの、「フルハウス」で父親を演じたボブ・サゲットにまずは相談してみると話していた。

キャストメンバーのジョン・ステイモスが「フラーハウス」がネットフリックスで公開されると明かした後、メアリー=ケイトは「私たちは今日そのことを知ったばかりなの。クリエーターたちと話してどうなるか見るんじゃないかしら。私はジョンから聞かされなかったことに驚いているわ」とコメントし、アシュレーも「この間ボブに偶然会ったけど、この話なんてしなかったわ。ボブに電話して考えを聞かなくちゃね」と付け加えていた。

オルセン姉妹以外の「フルハウス」メインキャストらは、「フラーハウス」でも続投している。