堂安津【写真:Getty Images】

写真拡大

 フローニンゲンのMF堂安津が現地時間9月30日、オランダ1部リーグで初ゴールを決めた。

 アウェイで行われたエールディビジ第7節でズヴォレと対戦したフローニンゲン。堂安は先発でピッチに立つと、15分に先制点を挙げる。右サイドからのクロスボールはやや長かったものの、堂安は足を伸ばしてファーサイドでコントロール。慌てることなく右足でシュートを放つと、飛び込んできたDFとGKの股を抜けてゴールネットを揺らした。

 今夏ガンバ大阪からフローニンゲンに移籍した堂安は、開幕先発の座を勝ち取ったあとで欠場が続いていた。それでも、先月21日のカップ戦で初ゴールを記録し、リーグ戦でも出番を増やしていたところだ。

 しかし、堂安のエールディビジ初ゴールは勝ち点につながらなかった。試合はその後、好調ズヴォレの反撃に遭い、フローニンゲンは後半アディショナルタイムの失点で2-3と逆転負けしている。

text by 編集部