炊飯器でご飯の食物繊維が2倍に!? 料理や食べ方に合わせる「炊き分け」機能も

写真拡大 (全2枚)

 日本ほど、ごはんをいかにおいしく炊くかにこだわる国も少ないだろう。毎年、いろいろな炊飯器が登場するが、その中でもちょっと珍しい炊飯器がデビューする。アイリスオーヤマ(仙台市)は、食物繊維成分を通常の約2倍に増加させる「銘柄炊き 圧力IHジャー炊飯器5.5合」を10月14日(土)に発売する。この炊飯器は、料理や食べ方に合わせて加熱工程と加圧時間を調整する「こだわり炊き分け」モードを搭載。「こだわり炊き分け」モードを使うと、カレーやすし飯など料理に合わせた炊き上がりが可能だが、このモードの中に「食物繊維米モード」があり、食物繊維成分(レジスタントスターチ)を通常炊飯時の約2倍に増加させる機能があるという。また、同社炊飯器の売りである、お米の銘柄に合わせて炊く「銘柄炊き」機能ももちろん装備している。

 いつものお米なのに食物繊維が2倍になるなら、ちょっと得した気分になれそうだ。特に腸内環境を日ごろから整えたいと考えている人は、試してみてもいいかも。参考価格は29,800円(税別)。