祖父設計の旧奈良監獄で演奏する山下氏 共同通信社

写真拡大

 ジャズピアニスト・山下洋輔氏は30年ほど前、自身のルーツを辿る中で、先祖と西郷隆盛との浅からぬ縁を知った。山下氏が100年以上の時を超えて邂逅した英雄・西郷隆盛を語る。

 * * *
 西郷さんがいなければ、ぼくはこの世に存在しなかったかもしれない。鹿児島城下の西田町に生まれたぼくの曽祖父・山下龍右衛門房親は、生家が近かった14歳年上の西郷さんに可愛がられていた。

 戊辰戦争時、曽祖父が小隊長として参戦した庄内攻めの戦場には、「元気でやっているか。いずれ庄内では一緒に戦って功を争おう」という西郷さんからの手紙が届いた。新政府の重鎮である西郷さんが一小隊長を激励するのは極めて異例のこと。羨ましがった仲間が手紙を欲しがると、曽祖父は「自分が死んだら取ってよい」と言い、手紙を身体に巻きつけて戦った。

 西郷さんが着陣し、やがて庄内藩が降伏すると、「これだけの兵で庄内の米を食い潰しては気の毒だ」と言い、薩摩軍の一日も早い撤兵を促した。敗残兵からの攻撃を怖れた曽祖父が「撤兵は得策ではない」と抗弁すると西郷さんは笑顔で言った。

「武士が兜を脱いで降伏した以上は信じるべきだろう。また起きたらまた討てばいいではないか」

 いかにも西郷さんらしい器の大きな言葉ではないか。戊辰戦争後、西郷さんは曽祖父の行く末を案じ、「廃藩置県をやった後上京できるよう準備をしておけ」との手紙を宛てた。曽祖父は西郷さんの計らいで明治4年に上京。後に「日本警察の父」と呼ばれる川路利良のもとで近代警察組織の設立にたずさわる。明治9年にはぼくの祖父・啓次郎を東京に呼び寄せた(祖父は長じて建築家となり「明治の五大監獄」を手がけた)。

 そんな曽祖父と西郷さんの仲を引き裂いたのが西南戦争だった。警察組織という立場上、「反乱軍」である西郷軍と戦わざるを得なかった曽祖父は、東京警視本署が組織した警視隊の参謀として参戦し、熊本の阿蘇山麓にある二重峠での戦いで被弾して左足を失った。西郷さんも壮絶な戦いの果てに自刃した。

 親兄弟まで敵味方に分かれて戦ったこの戦争で、鹿児島全体が深い傷を負った。米国の南北戦争のように、新しい国家をつくる土台となったが、西郷さんと戦った薩摩人には今も大きな悲しみと悔いが残る。

 西郷さんに引き立てられたことで、後に東京・鍛冶橋監獄で「隻脚の刑務所長」となった曽祖父も忸怩たる思いをした一人だった。晩年、雑誌の取材に“西南戦争時、本当は西郷軍に加わりたかった”と苦しい胸の内を明かしている。もっとも彼が西郷軍に入っていれば、今のぼくはいなかっただろう。

 西郷さんの死から10年後、曽祖父は薩摩出身の検事であり画家だった床次正精(とこなみまさよし)が描いた西郷さんの肖像画を手に西郷従道、黒田清隆ら、生前の西郷さんを知る人のもとを駆けずり回り、何度も修正を加えて本人に似た絵を完成させた。大恩人のため、何かを残したいとの一心だったに違いない。

 近代警察の設立に奔走したお堅い人物のひ孫がジャズマンとは数奇な巡りあわせだが、ぼくは自分が西郷さんはじめ薩摩の人の血を引くことが誇らしい。これからも“よい薩摩人”でありたいと思っている。

【PROFILE】山下洋輔●1942年東京生まれ。ジャズピアニスト、作曲家、エッセイスト。国立音楽大学卒。西郷と曽祖父、祖父について書いた『ドバラダ門』(新潮社)、『ドバラダ乱入帖』(集英社)など著書多数。近著に『ジャズの証言』(共著、新潮新書)がある。

※SAPIO2017年10月号