【幼稚園】うちの子には“自由保育”と“一斉保育”どっちがいい?小学校生活に向けて「選ぶべき園」

写真拡大

11月は幼稚園の願書提出の時期。一日中、園庭で子ども達が自由に伸び伸び過ごしている園や、反対にしつけが比較的厳しく、勉強もたくさん取り入れている園などさまざまあり、親としては悩むところですね。

「帰りたくない」のグズリを対処!一発で子どもを納得させる魔法の言葉4選

自由保育、一斉保育という言葉もあり、何を基準に選んだらよいかわからなくなってしまいますよね。

今回は、自由保育と一斉保育の違いや、選び方のポイントを『「テキトー母さん」流子育てのコツ』の著者の立石美津子がお話しします。

自由保育、一斉保育って?

「自由保育」と「一斉保育」という言葉があります。主体はあくまでも子ども達ですが、やり方が異なります。

一斉保育は「今から○○の活動をする」と指導目標が立てられ、制作やお絵描き、音楽、体操など決められた活動をします。

自由保育は子どもの一人一人の個性に合わせて意思を尊重し、保育者が寄り添い活動を進めていく保育です。

子どもには自由が向いているのか

完全に一日中自由、完全に一日中椅子に座らせて一斉保育ということはないのですが、園選びのときはどちらに時間的比重がかかっているのかを見極めて、親が我が子の気質や性格を考えて選ぶことになります。

そんなとき「自由に伸び伸び遊ぶ時間が多い園の方が、子どもは楽しいんじゃないか」という思い込みはちょっと違うかもしれません。

私たちの頭の中には“スケジュールが組み込まれる→窮屈”、“自由→楽しい”という固定観念があります。

けれども、中にはこれが真逆のタイプの子もいます。指示があった方が安心して動ける子の場合です。

タイムスケジュールに従って“〇時からお歌、○時から体操、○時からはお絵描き”と組み込まれていた方が動きやすいケースです。

また、発達障害児の代表である自閉症児だった場合は障害特性として“想像力の乏しさ”があります。見通しが立てられないのです。

ですから「自由」と言われると、一体何をしたらよいのか戸惑ってしまいます。

発達障害児でなくても、自分からどんどん遊びを見つけ積極的に友達と関わるのが苦手な子の場合は、一斉保育の特色が濃い園の方がいいかもしれませんね。

来るべき小学校生活に向けて

6歳になれば義務教育が始まり小学校に入学します。こちらは一斉指導です。

例えば1年生の場合、全国共通で各教科「算数136時限、国語306時限、生活103時限…」と文部科学省の学習指導要領で年間授業回数が決められています。しかも、下校時の3時くらいまで、一コマ45分間の授業中、着席していなくてはなりません。

制度的には年齢で区切られていても、子どもの成長は連続しています。6歳になったからといって急に態度を変えることは出来ません。幼稚園で一定時間、先生から与えられた課題を椅子に座って取り組む習慣がついていないと、入学後45分間じっとしていることが出来ず戸惑う子もいます。

筆者が50年前に通っていた某幼稚園(現在は廃園となっていますが)では、自由保育の名の元に、紙芝居の時間も「聞きたくない子は園庭で泥団子を作って遊んでもよい」という方針の園でした。

ところが小学校に入学した途端、朝礼で校長先生のお話をじっと列に並んで聞いていなくてはならず、しかも、朝から下校時まで椅子に座って国語、算数の授業を受けなくてはなりませんでしたので、凄く大変でした。

そして、「○○幼稚園を卒園した子は朝礼の時、列に並べずモソモソ動き回る。授業中じっとしていられない」などの悪評が流れていました。

ですから、自由、一斉どちらかに極端に偏りすぎない幼稚園を選ぶことが大切だと思います。

まとめ

自由保育は子どもが何をやっても野放しにすることではありません。もし、完全に自由にさせていたら登園時刻も自由、給食を食べる時間も自由ということになります。

これでは集団生活を経験させる場の幼稚園に通う意味がなくなってしまいます。

そして、実際はどちらかに偏ることなく、両者を融合させた保育形態をとる幼稚園が多いです。たとえ、自由保育を掲げていても、一日中自由気ままにさせているわけではなく朝の会、終わりの会など一斉保育する時間もあります。

我が子が大事な幼児期を過ごす園です。ホームページやパンフレットに書かれた園の方針だけを鵜吞みにしないで、公開保育などに足しげく通い、どのような保育が行われているのか親の目で確かめてみましょう。

その上で我が子にあった賢い選択をしましょうね。

<参照>文部科学省「小学校学習指導要領」