恵比寿★マスカッツについてアツく語ってくれたメンバーの辰巳シーナ、吉澤友貴、神崎紗衣(左から)

写真拡大

日本が誇るセクシー集団・第2世代「恵比寿★マスカッツ」が2周年を迎え、冠番組「マスカットナイト・フィーバー!!!」(毎週水曜夜2:35-3:05テレビ東京ほか)もますます盛り上がりを見せてきた。

【写真を見る】3人は初ツアーの思い出など、笑いと涙がいっぱいのこれまでの軌跡を語る

そんなさまざまな活躍を見せる彼女たちにWEBサイト「ザテレビジョン」が迫る、連載「恵比寿★マスカッツセクシー対談」。

第2回となる今回は、グループの中枢を担う神崎紗衣、辰巳シーナ、吉澤友貴が登場。これまでの軌跡や、番組収録の裏側、そして今後やってみたい企画を語ってくれた。

――第2世代恵比寿★マスカッツが、2周年を迎えました。

吉澤:私は結成してすぐに“ゲッスー”というあだ名を付けられたんですが、最初は正直、何じゃこりゃって思いました(笑)。急に名札に“ゲッスー”って書いてあったので、(同じメンバーの)“スーブー”みたいに付けられた!と。今ではなじんじゃったので、本当にありがたいですけどね。

2年たった今でもゲスって何だろう? といつも試行錯誤しながらやってます。でも、愛称を付けていただいたのはすごくうれしかったです。

神崎:もう3年目になるんですね。全国ツアーを2度経験して、特に初めてのツアーが思い出に残っています。それまでは自分がライブを見に行く側だったので、始まる前は全く想像が付かなかったんです。

それなのにいろんな地方を回らせていただいて…貴重な経験になりました。そんな中で全員が駄目出しをし合ったり、説教し合ったり、本音で話せるようになったきっかけが初ツアーでしたね。

辰巳:私は、思い出といったら、もう本当に何もかも、です。初めてのことばかりで、何をやっても勉強になりました。結成当初は、女の子苦手だし、集団も苦手だしで、選んでいただいたのはうれしいけど正直どうしようというのが本音でした。

でも、メンバーはみんな大人であったかくて優しい人たちだったので、とても安心しました。

ライブで歌ったり踊ったりすることも絶対できないと思ってて、ずっとオドオドしてて…ファンの方からも心配されちゃって。でもこうして積み重ねて、最近見せ方も分かってきたし、自信が持てるようになってきました。

吉澤:周りからも、そう言われるようになってきたよね。

辰巳:本当に修行させられてるなって思います。自分が変わっていってる気がします。

――先ほどお話にも出た全国ツアー(喜怒愛楽ツアー「全国イク行く〜」)も無事完走しました。

吉澤:私は12カ所のうち、10カ所を回らせていただきました。場所によって客層も雰囲気も全く違うので、自分の中で学習したことをファイナルでぶつけました。

全員パフォーマンス力が格段にアップしたと思います! 互いにアドバイスしたりしながら、グループ全体が変わったかなって思います。

――すごくアツいライブでした! さて、皆さんの冠番組「マスカットナイト・フィーバー!!!」では、ロケ企画なども増えていくとお伺いしました。今後やってみたいロケ企画はありますか?

神崎:桃乃木かなちゃんが大食いキャラなんですけど、桃ちゃん以外にも大食いの子って多いんです。シーナもそうですし。

辰巳:私もいっぱい食べますね。

神崎:私もやし、リーダー(明日花キララ)もめっちゃ大食いなんです。だから大食いロケとか行きたい!

辰巳:いろいろ食べたい!

吉澤:初代マスカッツの皆さんみたいに遊園地や、お化け屋敷とかアイドルらしい企画もやってみたいです! みんなでどこか行きたいね。

神崎:修学旅行に行きたいね。

辰巳:旅行行きたーい!!

吉澤:運動会とか! 一度、スタジオで運動会をやったことがあるんですけど、すごく狭くて…。初代の皆さんは体育館を貸し切って、お客さんも入れてやっていたので、私達もそういうことをしてみたいです。全員で、ガチで!

辰巳:危なくないやつがいい…。

吉澤:シーナ、インドアだからね。

辰巳:室内で…ゆっくりできれば…いいなって…。あ、占い行ってみたいかも。修行してみたい。

神崎:修行いいかもね。でもいくらインドアでも、お化け屋敷くらいならやってみてもいいでしょ?

辰巳:もしやるなら、脅かす方がいいなあ〜。

吉澤:シーナ、人を驚かせるイメージないよ! 通り過ぎられちゃうよ。

神崎:気付かれなさそうだよ。

――すさまじいツッコミ(笑)。この番組といえば、MC陣も名物ですが、思い出に残るエピソードはありますか?

神崎:おぎやはぎのお二人は、優しく声を掛けてくださいます。マスカッツはむちゃぶりが多くて、カメラが回るまで何やらされるか全く知らされていないんですが、私たちが緊張しているところを見て、「すべっても気にすんなよ」とか「やりきれよ」って言ってくれて、安心します。

吉澤:阿佐ヶ谷姉妹さんもよく話し掛けて下さいます。

神崎:楽屋とかですれ違っても、「さっきの良かったよ」とか。

辰巳:気さくだよね。

吉澤:番組の中で眼鏡を取ったり、脱がしたり、失礼なことをしてしまった時に後から謝りに行くと「全然いいよ〜」って言ってくださって、すごく優しいんです。そういうお二人だって分かっているからこそ、笑いを取りに行く場面でちゅうちょせずにできますね。心が広いから、身を任せられます。

辰巳:確かに出番前に緊張して“どうしようどうしよう”って不安になっていたら、「大丈夫、シーナ!!」って励ましてくださって。優しい〜! って感激しちゃいました。こういう人たちが付いてくれているから頑張ろうって思います。

――ガチな現場というイメージだったので、温かいというのは少し意外です。

神崎:ガチはガチですよ(真剣)。でも、学校みたいですね! 女子校みたいです。

辰巳:いやいや、女子校より絶対優しいよ! いじめとか悪口とか、陰湿なことが全くないから、みんな信用できるもん。

吉澤:みんな仲良しっていうのはちょっと違うかもしれないけど、仲間というか、信頼し合ってる関係です。

神崎:メンバー同士でご飯に行っても、マスカッツの話しかしないもんね。「○○ちゃんのあそこ、もっとこうすればよかったね」とか「○○ちゃんあの時すっごい面白かったから、勉強になったよね」とか、「ここはどうするべきだったかな」とか。

辰巳:みんな努力家だよね。

神崎:愛がこもってるよね。

――2年間続けられたメンバーの皆さんだからでしょうか。

神崎:みんな、いろんな苦労してますからね。パイ投げられたり、熱湯に入れられたり、落っこちたり…(笑)。ボロボロになりながら、痛みを分かち合ってます。

吉澤:よく耐えています…(笑)。

――この番組といえば、マッコイ斉藤さんも欠かせない人物。そんなマッコイさんに一言物申すなら?

全員:う〜〜〜〜ん。

神崎:(沈黙を破って)はい! 私、マスカッツに入ったことを機に、大阪から上京してきたんですよ。この2年間、マッコイさんが選んでくれなかったら、こんなにたくさんの経験はできなかったし、東京にも来ていないと思うんです。

地元にいた時には学校にも行ってなかったので、初めて教えてもらうことだとか、集団行動とか、みんなと一喜一憂しながら、やっと青春できてるんだなあって。なので、「あの時選んでくれてありがとうございます」です。

吉澤:私は…どうだろうなあ。たぶん、マッコイさんが思っている以上に、私たちはマッコイさんを信用してると思うんです。だからこそ、マッコイさんにも、もっと私たちを信じてほしいなって思います。私たちももっとガツガツ行くべきなんでしょうけど…。うまく言えないです。

辰巳:マッコイさんはいつも忙しそうなんですけど、もっとアドバイスが欲しいです。どうしたらガツガツ行きやすくなるのかとか、どうしたら私、なんとかなるのかなとか。「そんなん自分で考えろ!」って言われそうですけど、でもいろいろ聞いてみたいことがいっぱいです。

どうやって生きてきたのかとか、何を考えていらっしゃるのかとか。ミステリアスな方だから。

吉澤:…シーナの方がミステリアスだけどね。

――(笑)。それでは、最後に3年目の意気込みをお願いします!

吉澤:第2世代マスカッツが結成された時に、初代の皆さんが5年でたどり着いた舞浜アンフィシアターに2年で立てと言われていたんです。でも、その与えられていた目標からもう2年たってしまって…。

早くそう思ってくださっている皆さんを、アンフィに連れて行ってあげたいです。まずは結成当時に決めたアンフィを成功させて、できる限り長くマスカッツをやっていきたいなと思います。勝負の年です!

神崎:私もアンフィで絶対にライブをして、大好きなメンバーやスタッフさんと一緒に、初代の皆さんが見た景色を一緒に味わいたいですね。もう2年だけど、まだ2年なので…これからやりたいことも、挑戦したいこともたくさんあるので、まだまだ応援よろしくお願いします。

辰巳:マスカッツは結成当初と比べたらみんながどんどん変わっていくし、成長もしていると思うんです。猿が進化していくみたいに(笑)。みんな面白くてすごい人になると思うので、成長ぶりを見守ってほしいです。