メンズエステの様子

写真拡大

 米労働経済学者ダニエル・S・ハマーメッシュの著書『美貌格差』をご存じだろうか。同書によると、容姿の美しさに伴う生涯収入の格差は最大2700万円になるという。見た目が、企業業績、選挙の結果、融資の条件、寄付金集めなどにも影響するというのだ。

 筆者は、美貌格差には賛同しないが、外見は内面を表すという考えは一理あると感じている。たとえば、アメリカでは過度の肥満は自己管理ができていないとの印象を与えるとして、ビジネスパーソンがダイエットに励むことも多い。日本でも、就職活動などで外見が与える影響は大きい。

 実のところ、表立って口に出さなくても、我々は外見が大事であることを認識している。“デキる男”は、こういった現実を認識し、外見を整えることに力を割いている。

 筆者は、仕事を通じて、さまざまな職種の男性に会う機会がある。どの分野でも、活躍している男性に共通しているのが「デキる男は美しい」という点だ。しかし、筆者のいう美しさとは、決して美貌ではなく「身嗜みを整えている」という意味だ。デキる男たちの多くは、髪やヒゲを整えることはもちろん、肌の手入れなどにも気を遣っている。

 筆者が知る限りでも、メンズエステティックに通っている男性がいる。その理由を聞くと、次のように説明された。

「汗をかくとかゆくなるなど、ムダ毛が不快なので腹部の脱毛に通っている」(30歳会社役員)」
「一部だけ口髭が濃く、清潔感に欠ける印象になるのを避けるため脱毛した」(30歳サービス業)」

 このように、最近は気軽にメンズエステに通う男性が増えているように感じるのだが、実際にはどの程度、一般的なものとなっているのだろうか。エステ業界最大手のTBCグループに話を聞いた。

●メンズエステに行くキッカケは?

 男性がエステに行くのは、やや勇気がいるのではないかと想像するが、そうでもないようだ。

「彼女や奥様からお勧めされたのがきっかけでいらっしゃる方や、実際にメンズTBCをご利用になったお客様のご紹介で来店する方も増えています」(TBCグループ広報室・保坂悠佳氏)

 つまり、メンズエステが広まった陰には、妻や彼女の後押しがあったといえる。

「ご夫婦やカップルで、または友人同士でエステに行っていることを共有できるくらい、エステが身近なものになってきているのではないでしょうか。また、モノを持つより、コトへの関心が高まっており、利用意向は高まっていると感じます。実際に、メンズTBCの来店者延数も増加しています」(同)

 女性の場合でも、エステに行く際には信頼できるエステを選ぶために、友人からの紹介を受けることも多い。まったく知らないエステにいきなり行くのは勇気がいるので、利用者にとってもエステ側にとっても、「紹介」は便益といえるだろう。

●メンズエステ利用者の年齢層や職業は?

 保坂氏によると、メンズエステ利用者の7割以上が20〜30代だが、下は10代、上は80代までいるという。

「最近は、営業職の方を中心に、『カミソリ負けやヒゲの青みが気になる』『朝のシェービングが面倒、楽にしたい』『清潔感や印象を良くしたい』といった理由で、脱毛を目的にご来店いただいています。一般的なビジネスパーソンの方が多くを占めるようになりました。清潔感を得ることで、社会の中でパフォーマンスを高め、活躍や交流をしていくための手段にするという感覚で通っていらっしゃる印象です。年代関係なく共通することですが、皆さん身嗜み意識が非常に高いと感じています。相手に好印象を与える、不快感を与えないようにする、ということが念頭にあるようです」(同)

 メンズTBCは1999年1月、東京・渋谷に 1号店をオープン以来、メンズエステが広く認知されるようにさまざまなアプローチを行ってきた。過去には、元サッカー日本代表の中田英寿やタレントの木村拓哉などをイメージキャラクターに起用し、男性が「洗練されたカッコ良さ」を追求する新たな文化を生んだといえるだろう。

 実際の利用者たちの目的や目標は、どういったものなのだろうか。

「オープン当初は、『体毛が濃く困っている』といった悩みを抱え、自分ではどうしようもないと切羽詰まった感じの方が多かったのですが、最近は悩みではなく『よりきれいにしたい』という願望を持っていらっしゃる方が多いです。脱毛に関して言うと、以前は『まったく毛が無いのは恥ずかしい』という風潮がありましたが、一昨年くらいから20代を中心に『ヒザ下をつるつるにしたい』という方や、どの年代でも「ヒゲを無くしたい」という要望が増えています。ヒゲに関する希望の1位は『全部なくしたい』で、次いで『全体的に減らしたい』『部分的になくしたい』となっています。フェイシャルは脱毛よりも気軽にいらっしゃる方が多く、男性特有の皮脂テカリを抑えたいなど、初対面で目につく顔の清潔感を出すのが目的です。ボディシェイプ(痩身)は、激しい運動は苦手という方や『気軽に、リラックスしながら理想の体型を目指したい』という要望をお持ちの方がいらしています」(同)

●エステで男性はどう変わる?

 女性は、エステに通うことで意識が高くなり、いろいろなことに気を遣うようになって良い循環が生まれる。同じように、男性もエステを通して変わるという。

「たとえば、脱毛にいらした方は、毛が減ってくると肌や体型のことにも意識が向き、睡眠や食事、運動にも気を配るようになります。女性に比べると美容健康に関する知識を持っていない方が多いため、エステティシャンのアドバイスを純粋に聞いてくださるので、結果にもつながりやすい傾向があります。それがまたやる気や意識の変化へとつながっているようです。自分でケアした経験がなかったという方も多く、そのような方々はエステ後の自分の変化に感動されます」(同)

 エステを通して、あらためて自身の魅力に気づいたり、自信を持つことで自己プロデュースを考えるキッカケにもなるだろう。

 あくまで筆者の経験論だが、どの分野でも活躍している男性たちは自己プロデュース力が高い傾向にあるようだ。競争の激しい現代社会では、その有無によって未来が変わるといっても過言ではない。男性にとってエステは、自己プロデュースを行う上での重要なオプションといえるかもしれない。

「男性がエステに行くなんて、と思う方もまだいらっしゃるのかもしれませんが、女性は男性がエステに行くことを好意的に見ていますし、男性は効果も実感しやすいと思います。見た目の変化を感じると気持ちが前向きになり、行動も自然と変わっていきます。相手が受ける印象が良くなり、仕事もスムーズに進むかもしれません」(同)

 女性目線で言うと、メンズエステに偏見はなく、むしろエステに通い身嗜みが整った男性はウケがいい。自分への投資としてエステを利用してみてはいかがだろうか。
(文・取材=道明寺美清/ライター)