クラシック界の貴公子・清塚信也を支えてきた2人の女性とは

写真拡大

「クラシック界の貴公子」と呼ばれ人気を博すピアニストの清塚信也が、10月1日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット、毎週日曜23:00〜)に出演する。

端正な顔立ちと華麗なテクニックから“クラシック界の貴公子”として注目を集める清塚。幼い頃からピアノの英才教育を受け、数々のコンクールで優勝するなど輝かしい経歴を持つ一方で、ドラマや映画で俳優がピアノを弾くシーンの吹き替え演奏を始め、ドラマ『コウノドリ』では音楽監修に加えて自らも俳優として出演するなど、異色の経歴を持つ34歳だ。

清塚が一貫して主張するのは「クラシックはもっとポピュラーであるべき! 一部の専門家のためにあるべきではない!」ということ。コンサートでも演奏するだけではなく、ショパンやモーツァルトなどの面白エピソードを一心不乱に語るなど、何とかクラシックの裾野を広げたいと日々東奔西走している。

カメラを向ければ向けるほど、その姿は“貴公子”というよりむしろ“異端児”。音楽に対する一途な想いはどこか狂気的だ。取材を進めていくと、その影にはピアニスト・清塚を支えて来た“2人の女性”があった。

まず1人は、5歳から彼にピアノの英才教育を施した母親の存在。そのスパルタ指導は半端なものではなく「異常な愛情」と言っても過言ではなかった。そしてもう1人は師匠であり、世界を魅了した天才ピアニストとして名高い故・中村紘子。強烈な個性を持つ彼女たちと清塚との間にある、一般人では想像もし得ない濃厚な絆とは? 常に独自の路を模索し続ける異端なピアニストの今を見つめる。