マンC、アウェイでチェルシーを下す…デ・ブライネが古巣相手に会心の一発

写真拡大

 プレミアリーグ第7節が30日に行われ、チェルシーとマンチェスター・Cが対戦した。

 上位陣対決となったこの試合。チェルシーはダヴィド・ルイスが出場停止なため、アンドレアス・クリステンセンがスタメン起用されている。一方のマンチェスター・Cは、セルヒオ・アグエロが交通事故で負傷したため、ガブリエル・ジェズスがワントップで出場した。

 35分、チェルシーにアクシデント発生。好調をキープしていたアルバロ・モラタが負傷し、ウィリアンと途中交代している。

 スコアレスで前半を折り返す。

 54分、マンチェスター・CはCKを獲得。ボールはファーサイドに流れたが、ラヒーム・スターリングがフリーで待っていた。ワントラップして浮いたボールをボレーシュートするも、枠を捉えることはできない。

 67分、ついにスコアボードが動く。DFからパスを受けたケヴィン・デ・ブライネがジェズスへパスを通し、ジェズスはそのまま後ろにボールを落とす。そのボールを再び拾ったデ・ブライネが強烈なミドルシュート。これがゴールに突き刺さり、アウェイのマンチェスター・Cが先制点を奪取した。

 試合はこのまま終了。昨シーズンの王者を破ったマンチェスター・Cが、首位の座を確たるものとしている。

【スコア】
チェルシー 0−1 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 67分 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)