“MCN” 揃い踏みで6発圧勝のPSGがボルドーを粉砕!《リーグ・アン》

写真拡大

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は9月30日、リーグ・アン第8節でボルドーと対戦し、6-2で勝利した。

▽今季リーグ戦無敗で首位に立つPSGが、本拠地パルク・デ・プランスに3位ボルドーを迎えた上位対決。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦を完勝したPSGは、その試合からスタメンを4人変更。モッタ、ダニエウ・アウベス、チアゴ・シウバ、クルザワに代えて、ドラクスラー、キンペンベ、ムニエ、ユーリを起用した。

▽試合は開始早々の6分に動く。バイタルエリア中央手前でムバッペが倒されてPSGがFKを獲得すると、このFKをネイマールがゴール左へ直接沈めた。幸先良く先制したPSGは、12分にもネイマールのスルーパスでゴール前に抜け出したカバーニが冷静にゴールネットを揺らし、追加点を奪う。

▽ゴールラッシュの止まらないPSGは21分、左サイドをオーバーラップしたユーリの折り返しをボックス中央のムバッペが落とすと、最後は逆サイドから走り込んだムニエが左足でゴール右にシュートを突き刺した。

▽3点をリードしたPSGは、31分にサンカレのゴールで1点を返されるも、すぐに反撃。40分、ボックス内でヨバノビッチがハンドを犯しPKを獲得すると、このPKをネイマールが確実に決め、4点目。前半終了間際の45分には、ムバッペのふわりとしたクロスからドラクスラーが豪快なボレーシュートでゴールネットを揺らし、5-1で前半を終えた。

▽後半に入っても攻撃の手を緩めないPSGは58分、今度はドラクスラーのスルーパスに抜け出したムバッペがゴール右からファーサイドにシュートを流し込み、6点目。

▽余裕を持って試合を進めるPSGは、カバーニ、ラビオ、ヴェラッティを下げて、ディ・マリア、ロ・セルソ、エンクンクを投入。

▽その後、試合終了間際の89分にムニエの与えたPKからボルドーに1点を返されるも、大量リードを守り抜いたPSGが圧勝。“MCN” 揃い踏みで上位対決を制したPSGが、無敗で首位をキープしている。