ロメル・ルカクが止まらない

写真拡大

[9.30 プレミアリーグ第7節 マンチェスター・U 4-0 クリスタル・パレス]

 プレミアリーグは30日、第7節を行った。マンチェスター・ユナイテッドはホームでクリスタル・パレスと対戦し、4-0で勝利。公式戦6連勝とした。

 8月8日のレアル・マドリーとのUEFAスーパー杯以降、公式戦9戦無敗(8勝1分)のユナイテッド。前節サウサンプトン戦(1-0)から1人、27日に行われたチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第2節のCSKAモスクワ戦(4-1)から5人を変更し、FWマーカス・ラッシュフォードやMFフアン・マタ、DFフィル・ジョーンズらを起用した。

 試合は開始早々に動いた。前半3分、左サイドでラッシュフォードが相手をかわして中央に切れ込み、マイナス気味に折り返す。ニアのFWロメル・ルカクは合わせることができなかったが、PA中央でフリーとなっていたマタが左足で流し込み、ユナイテッドが先制点。11分、ラッシュフォードのラストパスをPA手前からMFネマニャ・マティッチが左足で狙うもわずかに枠を外れた。

 成績不振で元イングランド代表監督のロイ・ホジソン氏が新監督に就任も、開幕から無得点で6連敗と改善がみられないクリスタル・パレス。32分、MFヨアン・キャバイエのダイレクトスルーパスをPA左で受けたMFバカリ・サコが左足を振り抜くが、GKダビド・デ・ヘアに弾かれると、35分に追加点を許してしまう。

 ユナイテッドは左サイドからMFアシュリー・ヤングが鋭いクロスを供給。ファーサイドのルカクの後方からゴール前に飛び込んだMFマルアン・フェライニが右足で合わせ、2-0とした。43分には、右サイドからマタがクロスを上げ、ニアのルカクが頭でフリック。PA左のラッシュフォードが右足シュートを放つが、角度がなく左ポストを叩いた。

 後半もユナイテッドが開始早々にゴールネットを揺らす。4分、左サイド深くで獲得したFKからラッシュフォードがシュート性のクロスを入れると、フェライニが打点の高いヘッドで合わせ、3-0。21分には、MFヘンリク・ムヒタリアンに代えてMFジェシー・リンガードをピッチに送り込んだ。

 後半26分、ユナイテッドはマティッチの浮き球パスを受けたリンガードが倒され、こぼれたボールを回収したルカクがPA中央から左足シュート。完全にGKの逆を突いたが、わずかに左に逸れてしまい、決定機を逃す。27分にはラッシュフォードに代えてFWアントニー・マルシャル、32分にはマタに代えてMFアンデル・エレーラを投入した。

 攻撃の手を緩めないユナイテッドは後半41分、エレーラのスルーパスを呼び込んだマルシャルがPA左からダイレクトで中央へ折り返し、ルカクが左足で難なく合わせ、ダメ押し。ユナイテッドが新エースのプレミア7点目、公式戦11点目で試合を決定づけ、4-0で完封勝ちをおさめた。


●プレミアリーグ2017-18特集