岡崎慎司は絶好のチャンスを逃してしまった

写真拡大

[9.30 プレミアリーグ第7節 ボーンマス0-0レスター・シティ]

 プレミアリーグ第7節が30日に行われ、FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは敵地でボーンマスと対戦し、0-0で引き分けた。後半24分までプレーした岡崎は、15分の決定機を決め切れず、公式戦3戦連続ゴールとはならなかった。

 前節リバプールに2-3で敗れ、1勝1分4敗で17位に低迷しているレスター。その試合から2人を変更し、DFベン・チルウェルとMFリヤド・マフレズに代えてDFクリスティアン・フクスとMFデマライ・グレイをスタメンで起用した。

 前半は19位のボーンマスがレスターを圧倒した。前半3分、右サイドからFWジョシュア・キングがグラウンダーのクロスを入れ、ニアに飛び込んだFWジャーメイン・デフォーが右足で合わせる。これはクロスバーを叩き、こぼれ球をDFマーク・ピューが左足シュートもDFダニー・シンプソンに当たって枠を外れた。この場面でシンプソンのハンドに見えたが主審はCKを宣告している。

 ボーンマスは前半5分、自陣からのスルーパスでデフォーが抜け出し、後方に落としたボールをピューが右足シュートも枠を捉えきれない。23分には、右サイドからピューが折り返し、こぼれ球をPA手前からJ・キングが左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーの上。ボーンマスは試合開始から攻勢を続けたが前半のうちに先制点を奪うことはできなかった。

 前半、防戦一方でシュート2本にとどまったレスターは、後半開始からMFアンディ・キングに代えてMFビセンテ・イボーラを投入。今夏セビージャから加入したイボラはプレミアリーグデビューとなった。しかし、後半もボーンマスが主導権を握る。11分、DFアダム・スミスのパスをPA手前で受けたデフォーが右足を振り抜くが、低い弾道のシュートはGKカスパー・シュマイケルに防がれた。

 後半15分、ついにレスターに決定機が訪れる。右サイドからMFマーク・オルブライトンがアーリークロスを上げ、FWジェイミー・バーディが競ってこぼれたボールを岡崎が右足でコントロールショット。決まったかに見えたが、わずかにゴール右に外れた。

 その後もボーンマスの攻勢は続いた。レスターは後半24分に岡崎に代えてFWケレチ・イヘアナチョ、30分にはオルブライトンに代えてMFリヤド・マフレズを投入する。結局、チャンスをなかなか作れなかったレスターだが、GKシュマイケルとDFウェズ・モーガンを中心にボーンマスに得点を与えず、敵地で貴重な勝ち点1を獲得した。


●プレミアリーグ2017-18特集

●海外組ガイド