後半13分にダメ押しの4点目を決めたMF森谷賢太郎

写真拡大

[9.30 J1第28節 川崎F5-1C大阪 等々力]

 スーパーゴールが勝利を決定づけた。川崎フロンターレは3-0の後半13分、MF家長昭博から横パスを受けたMF森谷賢太郎がゴールまで約35mの位置から右足を一閃。アウト回転のかかったミドルシュートはゴール前で急激に落下し、ゴール右のポストを叩いてゴールネットに突き刺さった。

「トラップしたとき、前が開けたので、打ったらどうなるかなと思って打った」。圧巻のドライブシュートに「どこに当てたらどういうシュートが行くか、練習でもだいたいつかめていた。ちょっと当たり損ねだったけど、ああいうほうが不規則なボールになる。そういうコツはつかんでいる」と胸を張った。

 ブレながら急激に落ちる“魔球”は森谷の専売特許だ。FW小林悠も「素晴らしかった。(森谷)賢太郎にはあれがある」と絶賛。昨年10月22日の広島戦でもドライブシュートを決めているが、「蹴り方が違うし、いろんな球種を蹴れるほうがいい。まだ今季2点目。もっと点を取れるようにやっていきたい」と貪欲に言った。

 左太腿裏肉離れで離脱したMF大島僚太に代わってダブルボランチの一角に入った。今季ここまで大島が欠場した試合は3分2敗。チームの大黒柱に成長した背番号10不在の影響が心配されたが、その穴を埋め切ってみせた。

「(大島)僚太の代わりはだれにもできない。比較して、僚太がいないとダメだと言う人もいると思うけど、自分の中ではみんなで戦っている意識が強い」。大島の“代役”ではなく、自分自身の持ち味をチームのために出す。過度な気負いもなく、自分のプレーに集中した結果がゴールにもつながった。

 優勝争いの佳境で全治約2か月の重傷を負った大島。逆転優勝へ、その離脱はチームにとっても大きな痛手だが、負傷者を嘆いている時間もない。「僚太がケガをして、一番つらいのは僚太。試合前にも『がんばってほしい』と言われたし、そういう試合で勝てたことは良かった」と森谷は力を込めた。首位・鹿島との勝ち点差を「5」に縮め、いよいよ残りは6試合。悲願のタイトル獲得へ、総力戦でラストスパートに入る。

(取材・文 西山紘平)


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第28節1日目 スコア速報