吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

 サウサンプトンのDF吉田麻也が、現地時間9月30日に行われたプレミアリーグ第7節のストーク・シティ戦で今シーズン初得点を記録した。

 オランダ代表のフィルジル・ファン・ダイクとともにCBで先発した吉田は、1点を追いかける75分、左CKのチャンスにパートナーとともにゴール前に上がった。

 中央で一度跳ね返されたボールを拾って左サイドからクロスが上がると、DFに当たったボールをロングが中へつなぐ。ゴール前を横切ろうかというボールにいち早く反応した吉田は、即座に見事なジャンピングボレーでとらえてサウサンプトンに同点弾をもたらした。

 公式戦ここ5試合でわずか1点と得点力不足に苦しんでいたサウサンプトンにとっては貴重な同点弾となっている。

 しかし、試合は85分、ストークにFWピーター・クラウチのゴールで勝ち越しを許してしまい、サウサンプトンは1-2で敗れた。

text by 編集部