柏は10試合ぶりの黒星を喫した

写真拡大

[9.30 J1第28節 柏0-1甲府 柏]

 不覚をとった。3位柏レイソルは16位甲府に0ー1で敗れ、今季は1分1敗と勝利を奪えず。6月17日に行われた第15節は0ー0の引き分けに持ち込まれ、連勝を「8」で止められた。今回は9戦負けなし(5勝4分)と好調をキープする中、残留を争う相手にまたも行く手を阻まれた。

 警戒していたカウンター一発に沈んだ。MF伊東純也、FWハモン・ロペスを軸に両サイドからの崩しでチャンスをうかがったが、対策をとった甲府に阻まれ、分厚い堅守を最後まで崩せなかった。決定力不足に泣き、15本のシュートは空砲。FWクリスティアーノは前半立て続けに決定機を逸し、負傷明けで途中出場したFWディエゴ・オリヴェイラのシュートはクロスバーを叩いた。

 守っては甲府2トップ、ドゥドゥとリンスの鋭いドリブル突破にディフェンスラインが完全に破られ、スコアレスで迎えた試合終了間際に失点。韓国代表MFキム・ボギョンは「防がなければならない失点だった。胸が痛い」と唇をかんだ。

 他会場では鹿島が6試合ぶりに黒星を喫し、勝ち点を縮めるチャンスだった。首位とは勝ち点8差。ハーフタイムに鹿島の試合結果がスタジアムのモニターに映ると、レイソルサポーターが沸いた。逆転優勝を目指す柏にとって、痛恨の黒星。伊東は「鹿島は関係なく、勝たなきゃいけなかった。そこは残念というか…もったいなかった」と肩を落とした。

 前節終了時点で勝ち点53で並んでいた2位川崎Fが勝利し、首位と5差に縮めた。もどかしい結果となったが、キム・ボギョンは「最後まで諦めない。最後まで勝ち点3を取り続けないといけない」と悔しさを押し殺し、FWハモン・ロペスは「サッカーは結果が伴わないこともある。気持ちを整理して次のゲームに臨みたい」と切り替えを強調した。

(取材・文 佐藤亜希子)


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第28節1日目 スコア速報