ゴールを決めた武藤嘉紀【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間30日にブンデスリーガ第7節の試合が行われ、マインツはヴォルフスブルクのホームに乗り込んで対戦。この試合で先発出場を果たした日本代表FW武藤嘉紀が同点ゴールを決めている。

 試合開始して55分、コーナーキックからジョシュア・ギヴァヴォギにゴールを決められ先制されてしまう。それでも74分、クロスボールを武藤が頭で合わせて同点ゴールを決めた。この結果、武藤は今季公式戦8試合出場で5得点となっている。

text by 編集部