ゴールを決めた山田直輝【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 J2リーグ第35節の試合が行われ、湘南ベルマーレはホームにツエーゲン金沢を迎えて対戦。山田直輝などが得点を積み重ね、4-2の勝利をおさめている。

 湘南のキックオフで前半がスタートすると、右サイドからパスを繋ぎながら攻め上がる。藤田征也がクロスをあげると、山田直輝がダイレクトで合わせて先制点を決めた。その時間、わずか11秒となっている。

 その後、32分に秋野央樹、54分に菊地俊介が追加点を決めてリードを3点に広げた。しかし、66分に金沢の中美慶哉に1点を返されてしまう。それでも69分、アンドレ・バイアが得点を決めて再び点差を広げた。後半アディショナルタイム、金子昌広のゴールを許すもリードを守りきった湘南が4-2の勝利をおさめている。

text by 編集部