Googleが2段階認証の代わりとなる、より安全性の高いハードウェアを利用したログインシステムの導入の準備を進めていることが関係者の情報で明らかになりました。政治家や企業の執行役員クラスがターゲットになると言われています。

2016年米大統領選のGmailハックがきっかけ

2016年の米大統領選で、クリントン陣営の選対本部長を務めたジョン・ポデスタ氏のGmailアカウントが何者かにハックされる出来事が起こりました。
 
Googleは、この事件を皮切りに、政治家や企業の執行役員クラスなどの機密情報を扱う顧客に向けた、より安全性の高いログインサービスの在り方を模索し始めます。

Googleの新しいログインシステムはYubicoのセキュリティキーに近いものになる?

Googleを運営する米Alphabetは来月、Advanced Protection Programと呼ばれる新しいログインシステムの発表を行なうと言われています。
 
Engadgetによると、新ログインシステムはYubicoの2要素認証システムであるYubiKeyに近いものになるとのことです。
 

YubiKey


YubiKeyは、アカウントログイン時に認証デバイスを端末のUSBに差し込んで金属部分に触れるとワンタイムパスワードを自動で生成してくれます。
 
尚、モバイル端末の場合は、認証デバイスを近づけるだけでワンタイムパスワードの生成が可能となっています。
 
 
Source:Bloomberg, Engadget
Photo:Yubico
(lexi)