湘南は開始1分に山田のゴールで先制。試合を終始優位に進めた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J2リーグ35節]湘南 4-2 金沢/9月30日/BMWス

 首位を走る湘南が4ゴールを挙げる快勝劇で金沢を下した。

【湘南 4-2 金沢 PHOTO】湘南が金沢を4-2で撃破し、首位を堅持!

 試合は開始1分に動いた。湘南は、藤田征也からのクロスを山田直輝が押し込み先制する。これでリズムを掴んだ湘南はさらに32分、山田からのパスを秋野央樹が左足で決めて2点目。2点リードで前半を折り返す。

 さらに後半も54分に菊地俊介がゴール前のこぼれ球を押し込み、湘南が3点目をゲット。66分に金沢の中美慶哉に1点を返されるものの、3分後にセットプレーからジネイのヘディングシュートですぐさま取り返し、湘南が4-1とする。

 終始優位に試合を進めた湘南は、アディショナルタイムに再び1点を許すものの、4-2で勝ち切った。

 湘南は勝点を74に伸ばし、山口に2-1で勝利し2位に浮上した福岡とは勝点10ポイント差。前節まで2位の長崎は山形と0-0の引き分け、1ポイントを積み上げるにとどまり、勝点63で湘南との差は11に開いた。