杉本は巧みなドリブル突破を見せたが、ゴールが遠かった。写真:田中研治

写真拡大

[J1リーグ28節]川崎5-1C大阪/9月30日/等々力陸上競技場
 
 前節・仙台戦に1-4で敗れ、今節の川崎戦では1-5の惨敗……。2試合連続で大量失点を喫して順位も5位に後退した。熱血指導で知られるC大阪のユン・ジョンファン監督は、さぞご立腹かと思われたが、意外にも冷静に試合を振り返った。
 
「2試合連続で大量失点をしてしまいましたが、これを反省して良くしていきたい。良い準備はしてきたが組織的な守備ができずに失点してしまった。そこをもっと明確にしたい」
 
 もちろん、悔しさを噛み殺しての発言だが、この2試合を改善のための教材にしようというのだろう。今回の川崎戦ではCKから先制を許し、巧みなパスワークに対応できずに追加点を奪われた。さらに、前がかりになったところをカウンターで突かれ、トドメの5点目を献上している。あらゆる守備の課題が噴出したのだ。
 
 攻撃面では日本代表に選出された杉本健勇が不発に終わり、途中出場の清武弘嗣も持ち味を発揮できなかった。こちらも修正が必要だが、“良い攻撃は良い守備から”という格言もある。
 
 まずは守備をテコ入れし、ハードワークをベースに勝星を重ねた好調時の状態を取り戻す。それが指揮官の考える現状打破の策なのかもしれない。

【川崎5-1C大阪 PHOTO】小林悠、エウシーニョなどの5ゴールで川崎がC大阪に快勝!