勝村政信「バカですよ」思わず絶句するサッカー選手とは?

写真拡大

勝村政信と皆藤愛子がMCを務めるテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00〜)。10月1日は、40歳を目前にJリーガーになることを目指し活動しているサッカー選手の安彦考真の生き様に、番組アナリストの三浦淳寛と共に迫っていく。

ゲストから独自の人生哲学を学び、人生の糧へと繋がる気づきを得る企画「俺の生き様!!」に登場する安彦。若い頃、ブラジルに渡りプロ契約したものの怪我などもあり無念の帰国。その後、コーチや通訳、選手マネジメントなど、サッカー界に関わり続け、現在は、関東1部リーグのエリースFC東京に所属しながら、Jリーガーになることを目指している。

しかし、安彦と同い年のJリーガーには中村俊輔や中澤佑二がいるものの、活躍している選手はほんの一握りで、順調にいった場合でもJリーガーになれるのは40歳。勝村が思わず「バカですよ」と本音を漏らすと、安彦自身も普通に考えたら無謀と言われることは承知の上で、すべての仕事を辞めて走り出した理由を告白していく。

そんな安彦が夢を叶える為に選択したのが、不特定多数の人から出資や協力をインターネット上で募る「クラウドファンディング」を使った方法。自分自身の選手としてのレベルを「(子どもの頃は)チームではレギュラーでも選抜には入れないくらい。めちゃめちゃ上手なわけではない」と分析しながらも、Jリーガーになるための戦略を披露する。また、クラウドファンディングを使うことで、“選手の価値”をこれまでと違った面から見ることができると、その狙いを明らかにしていく。