横浜F・マリノスイレブンが試合前練習で特製Tシャツを着用した

写真拡大

[9.30 J1第28節 G大阪-横浜FM 吹田S]

 横浜F・マリノスのイレブンが、負傷離脱したFW齋藤学に向けたメッセージを記した特製Tシャツを着て、試合前練習を行った。

 齋藤は23日に行われた甲府戦で相手選手と接触した際に右膝を負傷。検査の結果、右膝前十字靭帯断裂で全治8か月と診断された。ただ齋藤自身は怪我を公表した直後に更新したツイッターで「ロシアのW杯もマリノスの優勝も、海外でのプレーも諦めずに追いたい」と早期復活を決意していた。

 敵地でのG大阪戦に臨むイレブンは、試合前練習で背番号10、そして胸に「GET WELL SOON MANABU」(すぐよくなるよ、学)と記されたメッセージを刻んだTシャツを着て、練習を行った。

 サポーター席には「学と一緒にW杯へ」「学待っている」といった横断幕やゲーフラが掲げられた。背番号10の復活をみんなが待っている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ