30日、中国青年網は、中国の建国記念日(国慶節)に合わせ、中国人客呼び込みに力を入れる日本の店が増えていると伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年9月30日、中国青年網は、中国の建国記念日(国慶節)に合わせ、中国人客呼び込みに力を入れる日本の店が増えていると伝えた。

先日、日本の「ドン・キホーテ」某店舗に国慶節を祝う横断幕が掲げられている写真が、中国のネット上で拡散し話題になった。これに対して、「中国人観光客獲得のために必死だな」といった感想が寄せられている。

記事によると、ドン・キホーテだけでなくドラッグストアやディスカウントショップなど、多くの店舗で同様の貼り紙が見られるといい、「日本の多くの地方政府や観光業者が、国慶節により多くの中国人客を呼び込もうと準備を進めている」と伝えている。

今年、国慶節期間中に海外旅行に出かける中国人は600万人と推計されており、日本も人気の観光地として名前が挙がっている。ネットユーザーからは「日本人が国慶節を祝うとは(笑)」「中国人から金を稼ぐために、中国人より中国を愛するようになった(笑)」といった声が寄せられているとのこと。(翻訳・編集/北田)