湘南が府中との上位対決を制して3連勝《DUARIG Fリーグ》

写真拡大

▽30日にDUARIG Fリーグ2017/2018第19節の府中アスレティックFCvs湘南ベルマーレが駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われ、4-2で湘南が勝利した。

▽前節のバルドラール浦安戦を2-2で引き分けて6戦無敗中の府中と、前節のバサジィ大分戦を4-3で勝利して連勝を飾った湘南が激突した。試合は前半から両者激しい攻防を見せる中、湘南がFP鍛代元気のゴールで先制に成功する。さらに10分、ボールをキャッチしたGKフィウーザがドリブルで敵陣中央まで持ち上がり、右足を振り抜いて追加点を奪った。先制を許した府中は15分にFP渡邉知晃がゴールネットを揺らして1点差に詰め寄る。

▽後半に入ると、攻勢を強めた府中を逆手に取り、湘南がFP内村俊太の追加点で3-1とリードを広げる。2点差に引き離された府中は、再び攻勢を強めるも湘南の徹底したディフェンスの前にチャンスを作り出すことができない。すると府中は終盤、パワープレーを開始。しかし、湘南がボールを奪ったFP内村俊太が自陣からドリブルで突破し、無人のゴールに流し込んだ。厳しい状況となった府中は試合終了間際にFP渡邉知晃のゴールで1点を返したが、反撃はここまで。4-2で勝利し、前回対戦のリベンジを果たした湘南が3連勝を飾った。