青山修子/ヤン・ザオシャンは全米優勝ペアのチャン/ヒンギスに一歩およばず準優勝 [武漢オープン]

写真拡大

「武漢オープン」(WTAプレミア5/中国・武漢/9月24〜30日/賞金総額266万6000ドル/ハードコート)のダブルス決勝で、青山修子(近藤乳業)/ヤン・ザオシャン(中国)は第1シードのチャン・ユンジャン(台湾)/マルチナ・ヒンギス(スイス)に6-7(5) 6-3 [4-10]で敗れ、コンビで2度目のWTAツアー優勝はならなかった。試合時間は1時間45分。

 今年2月にクアラルンプール(WTAインターナショナル/ハードコート)で初めてペアを組んだ青山とヤンは、今回で12大会目のダブルス出場。2週間前の東京(WTAインターナショナル/ハードコート)では、同ペアでのツアー初優勝を飾っていた。

 今大会の青山/ヤンは、1回戦でローレン・デービス/アリソン・リスク(ともにアメリカ)を6-1 6-0で、2回戦ではナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)/アナスタシア・ラディオノワ(オーストラリア)を6-2 7-5で破り、準々決勝は第2シードのエカテリーナ・マカロワ/エレナ・ベスニナ(ともにロシア)の途中棄権で、準決勝では第4シードのアシュリー・バーティ/ケーシー・デラクア(ともにオーストラリア)の棄権による不戦勝で決勝進出を決めていた。

 チャン/ヒンギスは、8月のシンシナティ(WTAプレミア5/ハードコート)から全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)を含めて3大会連続優勝で今季8勝目を挙げ、マッチ連勝を14に伸ばした。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「武漢オープン」(中国・武漢)のダブルス決勝で全米オープン優勝ペアのチャン・ユンジャン/マルチナ・ヒンギスに敗れた青山修子(後ろ)/ヤン・ザオシャン
Photo:WUHAN, CHINA - SEPTEMBER 30: Shuko Aoyama (Right) returns a shot during the ladies double final between Martina Hingis of Switzerland and Yung-Jan Chan of Chinese Taipei and Shuko Aoyama of Japan and Zhaoxuan Yang of China during Day 7of 2017 Dongfeng Motor Wuhan Open at Optics Valley International Tennis Center on September 30, 2017 in Wuhan, China. (Photo by Yifan Ding/Getty Images)