解任されたアンチェロッティ photo/Getty Images

写真拡大

28日にバイエルン指揮官を解任されたカルロ・アンチェロッティには、早くも様々な行き先候補が噂されている。バイエルンの指揮官を解任されたとはいえ、アンチェロッティが名将であることに変わりはない。これまでの実績を考えてもオファーが殺到するのは当然だろう。

その行き先は欧州だけとは限らない。有力な候補の1つに浮上しているのが中国だ。伊『Calciomercato』はアンチェロッティに中国クラブからメガオファーが届いていると伝えており、サラリーを考えると無視することは難しいとの見方を示している。

そのクラブとは中国を代表する強豪クラブである広州恒大だ。現在広州はルイス・フェリペ・スコラーリが指揮を執っているが、今季はACLで同じ中国の上海上港に敗れてベスト4進出を逃した。リーグ戦では首位に立っているものの、スコラーリの立場は危険なものになっているようだ。

同メディアはアンチェロッティを招聘すれば新鮮な空気を取り込めると伝えており、中国で超豪華な指揮官交代劇が起こる可能性もある。気になるサラリーだが、同メディアは広州恒大からのオファーは3年で4500万ユーロとビッグな内容になっていると伝えており、「ショッキングなオファー」と相変わらずの札束攻勢に驚いている。

アンチェロッティはイングランドで再び指揮を執ることにも興味があることを示唆していたが、また1人アジアに名将がやってくる可能性もあるのか。アンチェロッティの新天地選びには大きな注目が集まっている。