彼とのデートで喜ばれる、白アイテムをつかったコーディネート。清楚で優しい印象が男性に支持される大きな理由ですが、大人の女性にとって白はかわいくなるか、若作りっぽく見えるかの瀬戸際ともなる色みです。 そこで今回は、25歳からの上品白コーデ3パターンをご紹介します。

イラスト、文・角侑子

【スタイリストのファッション恋愛術 】vol. 48

バッククロスが美しいニットで色気をプラス

トップスに白を取り入れる時は、厚みのある生地もしくは、光沢感のある素材のほうが上品に見えます。秋なのでおすすめはバッククロスのニットアイテム。ニットの前面ではなく、バック(背中)にワンポイントの抜け感を作ることで、イヤらしくなり過ぎず、大人の女らしい色気を引き出すことができます。

ボトムはシックな黒のタイトスカートでシンプルかつ上品にまとめましょう。素材の厚みと質感で子供っぽさを軽減させるのがポイント!

ラフなニットカーデの下に忍ばせる白スカート

白のスカートを取り入れる際は、ふんわりシルエットよりも断然、タイトスカートが大人っぽくて良いです。しかし、トップスインをしてタイトスカートを合わせるだけだと、ビジネスファッションな印象になってしまって少し固いコーディネートに…。

柔らかさとデートらしい抜け感を出すために袖コンシャスなニットカーディガンをONするのがおすすめ。インナーは同系色で、ふんわり柔らかくまとめましょう。

カーキシャツと合わせてカジュアルに着こなす

白をカジュアルに着こなしたい時に相性いいのが、カーキ色のアイテムです。カーキの落ち着いたトーンと白の爽やかさがうまく調和して、ちょうど良いあんばいの大人に似合うスタイルを作ることができます。

アウター代わりに活用できるカーキシャツを羽織って、インナーのトップスとボトムは白で全て統一したバイカラーコーデでセンスの良さを見せつけて

白を “かわいく” ではなく “色っぽく” 着こなそう

白アイテムを取り入れる際は、基本的にシルエットはスタンダードなもの(無地モノのトップスや、タイトスカートなど)を選び、他に組み合わせるアイテムに遊びを効かせましょう。上品なアクセサリーや靴もプラスして、大人っぽさを意識しましょう。きっと、彼がドキドキするコーデになるはず!