モンスターエナジーのラリードライバー、ケン・ブロックの、合計再生回数4億回以上を誇る大人気映像シリーズ「Gymkhana(ジムカーナ)」。そのスピンオフ最新作「Climbkhana(クライムカーナ)」が公開された。

https://youtu.be/Hg6L_7qLIEQ

出典: youtu.be

世界中の特殊なコースをロードラリースタイルで挑むシリーズの今回の舞台は、世界で最も有名なコースといえるコロラド州コロラドスプリングス近郊のパイクスピーク・ハイウェイ。
山道をトップスピードのまま駆け抜け、次々と現れるヘアピンカーブや、危険な工事用車両の障害物、そして断崖絶壁でのギリギリのドリフトは、崖からいつ落下してもおかしくない、まさに生死彷徨う限界ドリフト。車中と上空から映し出される圧巻の映像は、見る者を手に汗握らせる興奮の映像となっている。ケン・ブロックにしかできない、完璧なドライビングテクニックは必見だ。

ケン・ブロックは語る。
「昔テレビで、この壮大なヒルクライムを見て、子ども心にいつかあそこでレースしたいと夢見ていた。2005年にその夢は叶ったけど、馬力に欠けて満足のいくレースではなかった。だから今回、1,400馬力で走れるのはまさに夢実現さ!でもこのマシンはやばくて
本当に死にそうになったよ。タイヤの擦り減りがありえないほど早い。
こんな怪物マシンでこれほど危険な山を走るなんて、とうとう僕も自分の手には負えないプロジェクトを引き受けてしまったと思ったね。この映像の撮影中に自分が命を落とさなかったことを神に感謝しているよ」

ケン・ブロックが本作品を、このロケーションで撮影することは、彼だけに与えられた唯一無二な機会。パイクスピークのコースは、年に一度のレースイベントで閉鎖されるものの、それ以外で“遊び場”にすることを許された者は、唯一彼だけなのだ。