【警告】柏=小池(69分)、R・ロペス(84分) 甲府=ドゥドゥ(36分)
【退場】柏=なし 甲府=なし
【MAN OF THE MATCH】ドゥドゥ(甲府)

写真拡大 (全4枚)

[J1・24節]柏0-1甲府/9月30日(土)/日立柏サッカー場
 
【チーム採点・寸評】
柏 5
後半は終始主導権を握りながらも、決定力を欠き相手の堅守を破れず。そして終盤のカウンターに沈み、優勝が遠のく手痛い敗戦を喫した。
 
【柏|採点・寸評】
GK
23 中村航輔 5
63分にはビッグセーブを見せたものの、89分の狙いすまされたドゥドゥのシュートは止められなかった。チームに勝点をもたらせなかった。
 
DF
4 中谷進之介 4.5
相手のブラジル人2トップへの対応が緩慢になるシーンが散見。終盤にはドゥドゥのスピードについていけずに、カウンターから突破を許した。
 
5 中山雄太 4.5
89分の失点シーンにも見られたように、珍しく球際での弱さが際立っていた。また攻撃面でもなかなか存在感を示せなかった。
 
13 小池龍太 5.5
伊東へのサポートがやや遅れがちで、鋭いサイドアタックは披露できず。終盤には焦りが見られ、攻守のバランス感覚を失った。
 
26 古賀太陽 5.5
24節以来の先発出場。オーバーラップは効果的だったものの、回数は少なかった。もっと積極的に攻撃参加したかった。
 
MF
7 大谷秀和 5.5
中盤の底に位置取りバランスをとりながら、時にゴール前に飛び出して得点を狙った。しかし決定的な仕事はできず、試合後は悔しさを滲ませた。
 
8 武富孝介 4.5(64分OUT)
スペースに動き出して、小気味良いパスワークを機能させていたものの、シュートチャンスは1回のみ。存在感は薄かった。
 
14 伊東純也 5
相手の5バックに苦戦。後半は強引に仕掛けチャンスメイクも、クロスの精度を欠き、ゴールにつながる仕事はできなかった。
 
15 キム・ボギョン 5
中盤後方からのスルーパスは効いていたが、相手の守備陣の奮闘もあり決定機には至らず。2度訪れたシュートの機会も枠外に飛んだ。
 
20 ハモン・ロペス 5
序盤からサイドいっぱいに開きボールを引き出した。しかし、そこからのアイデアが乏しく、相手DFに封殺された。

【柏0-1甲府 PHOTO】ドゥドゥのゴールで2連勝の甲府は歓喜の大爆発!
FW
9 クリスティアーノ 4.5
背後への抜け出し、力強いドリブルは、相手の脅威となっていた。とはいえ、何より求められていたゴールを奪えなかった点で厳しく採点した。
 
交代出場
FW
11 ディエゴ・オリヴェイラ 4.5(64分 IN)
21節の鳥栖戦ぶりの出場。持ち前の推進力で攻撃を活性化したものの、68分、78分の決定的なチャンスをモノにできず。指揮官の期待に応えられなかった。
 
監督
下平隆宏 5
後半途中に個人技に優れるD・オリヴェイラを投入して得点を狙ったが、結果的に奏功せず。終盤は全体的に焦りが見られ、一発のカウンターにしてやられた印象。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
甲府 6.5
前半は守備的に振る舞うのではなく、ボールを回しながら主導権を握ろうとトライした点も評価できる。さらに修正にまわった後半も粘り強く守り抜き、カウンターから決勝ゴールを奪取。理想どおりの試合運びで、難敵から勝点3を獲得した。
 
【甲府|採点・寸評】
GK
1 河田晃兵 7
25分にはクリスティアーノの鋭いシュートを止めると、62分にはエリア内からのシュートをセーブ。さらには最終盤にも決定機を防ぎ、見事に無失点に抑えてみせた。
 
DF
5 新里 亮 6.5(64分OUT)
小出とのコンビネーションが素晴らしかった。R・ロペスの侵入を食い止め、堅牢な壁を構築し、完封に大きく貢献した。
 
6 エデル・リマ 6
78分に自陣ゴール前でボールをかっさらわれピンチを招いた。ただ、伊東のスピードにうまく対応し、さらには果敢なオーバーラップで攻撃でも奮闘した。
 
8 新井涼平 6
パスがずれたり、クリスティアーノに振り切られたり突破を許すシーンもあったが、精密なラインコントロールは好印象。後半途中にアンカーに移ってからも落ち着いていた。
 
MF
2 島川俊郎 6(76分OUT)
ユース時代に過ごした柏の地に凱旋。前に出過ぎず、後ろに引き過ぎない絶妙なポジショニングでチームのバランスをとった。
 
14 田中佑昌 6
ややカウンター時に上がり遅れる場面も見られたが、豊富な運動量を駆使して広範囲をカバーリング。守備面での貢献度は小さくなかった。
 
16 松橋 優 5.5(81分OUT)
精力的にアップダウンを繰り返し、攻守に厚みをもたらした一方で、伊東のドリブルに翻弄されることも。安心して見られるパフォーマンスではなかった。
 
22 小出悠太 6.5
前半は対面したR・ロペスの突破を許さず、完璧に相手のサイド攻撃を封じた。90分間衰えなかった運動量も称賛できる。
 
40 小椋祥平 5.5
12分に絶好のシュートチャンスを迎えたが、ポストに弾かれた。決めていれば、楽に試合を運べていたかもしれなかっただけに、残念だった。
FW
10 ドゥドゥ 7(90+5分OUT)
相手CBの激しい当たりに苦戦しながらも、最終盤に大仕事。カウンターから絶妙なコントロールショットで決勝ゴールを奪い、この日のヒーローに。
 
39 リンス 6
63分にドリブルでエリア内に侵入。その場面ではGK の好セーブにあい、ゴールを奪うことはできなかったが、鋭い突破は相手の脅威となっていた。
 
交代出場
DF
3 畑尾大翔 -(76 IN)
アンカーの島川と代わると、リベロの位置に。攻め込まれながらも瀬戸際で身体を投げ出す姿が印象的。見事に無失点に抑えた。
 
MF
28 橋爪勇樹 -(81分 IN)
松橋と交代しピッチに登場。チームが守勢に回る難しい展開でも、スムーズに試合に入り、勝利に貢献した。
 
MF
20 黒木聖仁 -(90+5分 IN)
後半アディショナルタイムに投入。目立った活躍はなかったものの、無難にゲームを終えた。
 
監督
吉田達磨 6.5
用意した試合プランを微修正しながら、90分間バランスを崩すことなく戦いきった。前節の横浜戦から、見事に連勝を飾った。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。