名波監督は無失点に抑えた守備を「決定的なシーンはそこまでなかった」と評価した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ28節]FC東京0-0磐田/9月30日/味の素スタジアム
 
 スコアレスドローに終わったアウェーのFC東京戦後、磐田の名波監督がフラッシュインタビューで収穫と課題を口にした。
 
 まず述べたのはポジティブな点についてだ。
 
「非常にコンパクトにコレクティブにやれた。センターバックとボランチ、センターバックとサイドバックの縦幅・横幅が間延びすると大味な試合になったり、相手の早い選手に走り抜けられるスペースができてしまう。そういうシーンは何度かあったが、決定的なシーンはそこまでなかったし、間延びしたゲームという印象は僕にはない」
 
 FC東京にボール支配を許しながらも、組織的な守備でゴールを死守したチームを称えた。その一方で、注文を付けたのが攻撃面だ。「ネガティブなところはシュートの意識が少ない」という指摘に続いて、プレーのディテールについて踏み込んだ。
 
「ゴール前での意識の共有、ラストパスもしくはラストファーストタッチの精度が極端に悪かった。それがフィニッシュの少なさにつながってしまった」
 
 前節まで5試合連続失点の守備がクリーンシートを達成したのは収穫だが、迫力を欠いた攻撃陣には課題が残ったというわけだ。
 
 新加入の山田大記を57分に下げたことからも、まだまだ攻撃面は構築段階なのがうかがえる。今後、どのようにブラッシュアップしていくのか。名波監督の腕の見せどころだ。