広州恒大スコラーリ監督、後任報道のアンチェロッティに言及「検討すべき」

写真拡大

中国スーパーリーグの広州恒大を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、自身の後任としてうわさされるカルロ・アンチェロッティについて言及している。

アンチェロッティは先日、成績不振によりバイエルン・ミュンヘンの指揮官の職を解かれた。それにより、中国行きのうわさが流れており、広州恒大はすでにオファーを送っているとも伝えられている。

今年の11月30日まで広州との契約を残すスコラーリ監督は、アンチェロッティの突然の解任に疑問を呈しながら、「中国行きのオファーがあるなら、検討すべき」と話している。

「広州は最高の環境が整った素晴らしいクラブだ。アンチェロッティにとってだけでなく、他の監督にとってもね。私は契約を満了するため、タイトルを取れるよう努力するよ」

スコラーリ率いる広州はリーグ戦でこそ首位に立っているものの、アジア・チャンピオンズリーグでは準々決勝で敗退。昨シーズンもグループステージで敗退と、苦戦を強いられている。国際舞台での躍進のため、経験あるイタリア人指揮官を招聘することになるのだろうか。