3勝3分無敗。昇格組として臨んだ今シーズン、ここまでハノーファーはクラブ史上最高の開幕ダッシュを切ることに成功した。なによりもそれを支えているのが、強固なディフェンス力にあるといえるだろう。ブンデスリーガの歴史を振り返っても、このまでのチームの平均失点は9なのだが、ハノーファーはなんと2失点しか許していないのだ。

逆にハノーファーよりも少ない失点を記録しているのは2003/04シーズンのシュトゥットガルトで無失点、さらに2011/12シーズンではドルトムントとバイエルンが1失点を許しており、2失点を記録したのはこの54年の歴史においてハノーファーを含む14クラブしかない。

さらに興味深い数字は、昨季途中から当時2部にあったハノーファーに、アンドレ・ブライテンライター監督が就任して以来、ここまでまだ1度も敗戦を喫していないということである。「まぁ、そのうちに負けるさ」と43歳の指揮官は現実的に語ったが、その一方でグラードバッハとのアウェイ戦では「それは避けたい」と自信ものぞかせた。

ハノーファーの先発予想:チャウナー - コルブ, アントン, S.サネ, オストルチョレク - シュヴェグラー, バカロルツ - ベブー, カラマン - ハルニク, フュルクルーク