神戸がポドルスキ弾などで新潟を下した

写真拡大

[9.30 J1第28節 新潟0-2神戸 デンカS]

 ヴィッセル神戸が敵地でアルビレックス新潟に2-0で快勝した。神戸はリーグ戦4戦負けなし(3勝1分)。新潟はクラブワーストを更新する16戦勝ちなしで、次節にもJ2降格が決まることになった。

 神戸の先制点は後半8分、左サイドからMF藤田直之が蹴ったCKがオウンゴールを誘発。新潟DF堀米悠斗の頭に当たったボールがそのままゴールに吸い込まれていった。

 そして勝利を決定づける2点目は後半43分、FWルーカス・ポドルスキがゴール中央でボールを持つと、DFを外しながらエリア内に侵入。得意の左足に持ちかえると、強烈なシュートをゴール右隅に突き刺した。ポドルスキのゴールは8月26日の磐田戦以来で来日4ゴール目となった。

 一方の新潟は前節2ゴールのFW河田篤秀を初先発させるなど、手は打った。しかし開始直後に河田にチャンスがあったが決めきれない。呂比須ワグナーも試合後のインタビューで嘆いたように、相手GKキム・スンギュの好守にも幾度も阻まれた。

 新潟の最後の勝利は5月20日の札幌戦。4か月以上勝利から見放されていることになる。勝ち点12は残留ラインと15差。残り6試合のため、次節にもJ2降格が決まることになった。新潟の次節は10月14日に敵地で行うG大阪戦となっている。


●[J1]第28節1日目 スコア速報★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ