決勝点を挙げた鳥栖MF福田晃斗

写真拡大

[9.30 J1第28節 鳥栖1-0鹿島 ベアスタ]

 9位サガン鳥栖がホームで首位鹿島アントラーズに1-0で勝利した。昨季に続いて本拠地で鹿島を下した鳥栖は、5試合ぶりの完封で3試合負けなし(2勝1分)。鹿島は首位の座こそキープしたが、今季初の6連勝は逃した。

 鳥栖は前節・浦和戦(2-2)から先発1人をチェンジ。DF三丸拡に代わり、出場停止明けのDF吉田豊が2試合ぶりにスタメン入りした。一方、5連勝中の鹿島も前節・G大阪戦(2-1)からの変更は1人。MF永木亮太に代わり、こちらも出場停止明けのMF三竿健斗が2試合ぶりに先発復帰した。

 ホームの鳥栖は立ち上がりから鹿島に圧力をかけ、素早い攻撃でペースを握る。前半14分、MF原川力からのパスを受けたFW小野裕二がPA内左に進入。フェイントでDF昌子源の体勢を崩し、左足でシュートを放つも、ゴール右に外れた。

 さらに前半31分、原川がFWビクトル・イバルボとのワンツーからPA内左に切れ込むが、左足のシュートはクロスバーを直撃。同33分にはDF山本脩斗からMFレオ・シルバへのパスがずれ、中央に流れたボールを拾ったイバルボがドリブルで運ぶ。PA手前中央でDF植田直通をかわし、PA内やや左で左足を強振するも、シュートはクロスバーの上に外れた。

 鳥栖は優勢の展開を生かせず、前半はスコアレスで終了。鹿島はミスからピンチを招いた上記のシーンに象徴されるように、前半はチグハグな場面が目立ち、ペースをつかむことができなかった。

 後半に入り、鹿島も攻撃のリズムを作り出すが、鳥栖がタイトな守備で応戦したことで、なかなか均衡状態が崩れない。鹿島は後半17分にMF中村充孝を下げ、MF安部裕葵を投入。同19分にはレオ・シルバからの対角線上のロングフィードに西が絶妙なタイミングで反応する。裏に抜け出した西はゴールライン際からスライディングで折り返すも、その前にボールが外に出ていたと判定された。

 鳥栖は後半33分に1枚目のカードを切り、小野との交代でMF安庸佑をピッチへ。鹿島も同33分、FW土居聖真に代えてFWペドロ・ジュニオールを投入する。左足の骨折で戦列を離れていたP・ジュニオールは10試合ぶりの出場。16試合で7得点と攻撃をけん引していたストライカーが復帰を果たした鹿島だったが、直後の失点で出鼻をくじかれる。

 後半35分、裏へ抜け出した安庸佑がPA内右でキープし、フォローに来たFW田川亨介へバックパス。PA手前右で受けた田川が左足で正確なクロスを送ると、PA内中央で浮いた位置を取っていたMF福田晃斗が頭でゴール左に叩き込み、先制点を奪った。その後、イバルボがGKとの1対1を止められるなど追加点は決められなかったが、粘り強い守備で鹿島の反撃に対応。1-0で逃げ切り、首位チームから見事に金星を挙げた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第28節1日目 スコア速報