キャンピングカーが丸ごとカメラに!移動する“巨大カメラ”がおもしろい

写真拡大

インスタグラムなどのSNSにアップする写真はどれも個性豊かなものばかり。

もし雰囲気のある写真を撮りたいなら、こんな人を参考にしてみては?







・キャンピングカーがカメラに!

イギリスで活動する写真家のBrendan Berryさんのカメラはかなり変わっています。

というのも、なんとキャンピングカーを丸ごとカメラにしてしまっているんです!





eBayで購入したという150ポンド(約2万2000円)の中古キャンピングカーに穴を開けて大型のレンズを設置、さらに内部を真っ黒に塗り、暗室まで作ったのだとか。











元々大型のカメラを自作してオリジナルの写真を撮影していたBerryさん。

大型のカメラでも持ち運びしやすいアイデアはないかと考えていたところ、“動くカメラ”のアイデアを思いついたそうです。

・街の人に大人気!

その後、友人であるデザイナーが車をペイント、現地のポップアップアートスペースに設置したところ、街の人々に大人気に!

これまで300人以上がこの「キャンピングカーカメラ」を体験したのだそうです。





モノクロでプリントした作品は雰囲気抜群。

















現在は各地のワークショップや学校を巡回して、写真の魅力を伝えているといいます。

この後はさらにカメラを大きくする「トラックカメラ」を作成する予定というBerryさん。

今度は一体どんな写真になるのか、楽しみなところですね。





Instagram(brendanbarryphoto)

https://www.instagram.com/brendanbarryphoto/