マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバ【写真:Getty Images】

写真拡大

 負傷のため欠場しているマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバは、「長期間」の離脱を強いられることになりそうだ。ジョゼ・モウリーニョ監督が29日の会見で述べたコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

 ポグバは今月12日に行われたチャンピオンズリーグのバーゼル戦で前半に負傷。ハムストリングの負傷により、一部では12週間の離脱になるとも報じられたが、モウリーニョ監督はその報道に「完全にナンセンスだ」と反発していた。

 だが29日の会見でモウリーニョ監督は、ポグバの離脱が長期間に及ぶ見通しであることを示唆した。負傷中の選手たちの状況について話をする中で、「イブラ、ポグバ、ロホのような長期負傷中の選手たちについて話はしない。そういう選手たちのことは考えていない」と述べている。

 FWズラタン・イブラヒモビッチとDFマルコス・ロホはいずれも今年4月に膝のじん帯に重傷を負い、まだ復帰を果たすことはできていない。ポグバも同様の長期離脱となってしまうのだろうか。

text by 編集部