残留争う広島と札幌は痛み分け…両者PKで1点を取り合うも勝ち越せず

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第28節が30日に行われ、サンフレッチェ広島と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 前半は両チームスコアレスで折り返す。試合が動いたのは60分だった。広島はアンデルソン・ロペスが倒されて得たPKを自ら沈めて先制に成功する。1点を追いかける札幌も69分、相手のハンドで獲得したPKを都倉賢が冷静に決めて同点に追いついた。84分、広島は後方からの浮き球パスを皆川佑介が落としたところに柏好文が反応したが、シュートは左へ。勝ち越しのチャンスを逃す。試合はこのまま1−1で終了。両者勝ち点1を分け合う結果となった。

 次節、14日に広島はアウェイで鹿島アントラーズと、札幌はホームで柏レイソルと対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 1−1 北海道コンサドーレ札幌

【得点者】
1−0 60分 アンデルソン・ロペス(サンフレッチェ広島)
1−1 69分 都倉賢(北海道コンサドーレ札幌)