アンドラが行われているパデル世界選手権

写真拡大

29日、ジェラール・ピケはパデル世界選手権の準々決勝を楽しむため、アンドラにいた。多くの人々から反感を買ったツイートのあと、ピケはこのように1日を楽しんでいる。

28日の夜、ピケはバルセロナのホテルのオープニングに出席するはずだったが、彼が姿を見せることはなかった。そして、パデルを楽しみながら、その機会を利用してアルバニア戦とイスラエル戦を戦うスペイン代表について語っている。

「再びスペイン代表で戦えるのを楽しみにしている。最初の試合に勝てばワールドカップ本戦出場が決まる。非常に重要だし、いつものように興奮する」とピケは述べている。

また、プレッシャーについて聞かれると、「全く感じない。スペイン代表で戦えることはプライドであり、大きなモチベーションになる。監督が再び招集してくれているということはやるべきことをちゃんと自分ができている証拠だ」と語っている。