画像提供:マイナビニュース

写真拡大

FCAジャパンは10月7日、「500X」の限定車「500X ジーンズ」を全国のフィアット正規ディーラーで販売開始する。日常の使い勝手の良さとアウトドアでの機動力を兼ね備えたスモールSUV「500X」は、フィアット初のクロスオーバーモデル。今回登場した限定車では、街にも自然にもフィットするデニム色のボディカラーを採用した。

ベースモデルは「500X」で最も人気の高い「ポップスター プラス」。ジーンズブルーのボディカラーに、アクセントとなるクローム仕上げのサイドウインドウボトムラインをあしらったエクステリアとした。インテリアはブラウンレザーのシートを使用し、ジーンズのレザーパッチのイメージを演出している。

安全装備も充実を図り、クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報やアダプティブクルーズコントロールに加え、「500X」初採用となるオートハイビームヘッドライトを搭載した。ハイビームで走行時にフロントウインドーに内蔵されたカメラが前方のテールレンズや対向車のヘッドライトを感知すると、自動でロービームに切り替える。

これら数々の特別装備を採用しながら、「500X ジーンズ」の価格はベースモデルと同じ312万1,200円(税込)。90台の限定販売となる。