キティちゃんとスウィーツ界のティファニーがコラボ。日本の「Kawaii」がNYを笑顔にしてる

写真拡大 (全24枚)

いくつになっても、やっぱり心ときめくキティちゃん。

そんな大好きなサンリオのキャラクターと、「スウィーツ界のティファニー」と呼ばれる、大人のためのキャンディブティック「Sugarfina(シュガー・フィナ)」が、愛らしいキャンディボックスのコレクション「サンリオはシュガーフィナが大好き(Sanrio Loves Sugarfina)」を生み出しました。

ハローキティの大好物を再現。ママのアップルパイ風味のグミって?

9月18日(ニューヨーク現地時間)に発売された「Sanrio Loves Sugarfina」。初日は先着25名にサンプルが配布されるなど、さっそく盛り上がっています。

コラボレーションのメインは、いまや世界的人気、あらゆる世代にファンを持ち、長年愛され続ける我らがハローキティ。

シュガー・フィナは、キティの特徴であるリボンの形をしたストロベリー味のグミや、キティの顔の形をした、キティの大好物、ママのアップルパイ風味のグミを作り上げました。

どちらも限定版リボン型キャンディ弁当ボックスに詰められています。

「ママのアップルパイ風味...しかもグミで?」半信半疑で試食すると、ほんのり塩味が効いてクセになるおいしさ。シュガー・フィナらしい大人のひねりが効いています。

かわいらしいボックスにはポップアップが隠されていて、マグネット式のふたを開けるとサンリオキャラクターをあしらったジオラマが飛び出します。

キャンディを食べ終わったら、ボックスはトラベル用の小物入れやペンケースとして利用するのがシュガー・フィナからのおすすめ。

そのほか、「けろけろけろっぴ」「ぐでだま」「マイメロディ」「チョコキャット」「バッドばつ丸」などの人気キャラクターを使い、それぞれの性格に合ったキャンディを作り上げています。

たとえば、口のなかでパチパチはじけるキャンディが詰まったミスチバスチョコレートポップは、いかにもいたずら好きなばつ丸っぽい。

キティと創始者ロージーの貴重なツーショット

今回のコラボレーションを祝して、ハローキティや、シュガーフィナの共同創始者でチーフ・クリエイティブ・オフィサーのロージー・オニール氏が登場する開幕イベントが、全米各地で開催されました。

ニューヨーク、ワールドトレードセンターでのイベントは、スタート前から大にぎわい。ショップの前は長蛇の列。各メディアも押しかけ、注目度の高さを感じました。

キティとロージーの貴重なツーショット。キティはシュガー・フィナカラーのドレスを着ています。

イベントではこんなミルクシェイクが配られました。キティのリボンはライスクリスピー。

まるでキャラクターのようなカラフルなドレスを着たロージー。こんなおどけた表情でポーズをとってくれました。

「私は少女のころからサンリオのキャラクターに囲まれて育ちましたし、いまはもっと好きなぐらいです」

と話すロージー。さらに、

「ハローキティと仲間たちには、何か抗いがたい魅力があります。今回のコラボによって子どものころからの夢が叶ったのです」

とも語ってくれました。

日本の「Kawaii」が、以前から想像以上に世界共通認識になっていることに驚き。

イベントの盛り上がりを目の前にして、リアルな注目度の高さとみんなの「好き」の気持ちに触れて、なんだかうれしくなりました。

国境なく、かわいいキャンディとサンリオキャラクターはいつでもどこでもスマイルを広げてくれます。

[Sugarfina]

取材・撮影/神田朝子