画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ルノー・ジャポンは28日、「トゥインゴ」に5速MTと109PSを発生するターボエンジンを組み合わせ、シャシーに専用のチューニングを施したコンパクトスポーツ「トゥインゴ GT」を10月19日から限定販売すると発表した。

「トゥインゴ GT」は、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールによって開発された。特徴的なリアエンジン・リアドライブ(RR)の駆動方式を持つ「トゥインゴ」に、5速MTと109PSに出力を向上させた0.9リットルターボエンジンを組み合わせている。

リアに搭載されるエンジンには、左リアフェンダーに新設されたサイドエアインテークから効率的に空気が送り込まれ、ターボチャージャーに入る空気の温度が12%低下し、エンジンの吸気流量が23%向上した。これに合わせて燃料ポンプが専用設計となり、パワートレインの冷却性を向上させるためウォーターポンプも専用に設計されている。

シャシーにも専用のチューニングが施され、ダンパーは減衰力が変更された専用品に、アンチロールバーも直径の大きいものに変更されている。ESCの制御も変更が加えられ、きついコーナーでアクセルを開けると、ESCが軌道を修正する前に、わずかにドリフトするのか感じられるという。これによって、ドライバーはRRならではのハンドリングを楽しむことができる。

価格は224万円(税込)で、200台の限定販売。また、「トゥインゴ GT」は5速MTと6速EDCをラインアップし、2018年より通常モデルとして販売される予定だ。