北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソニ)北米局長が29日、ロシア外務省を訪れ、オレグ・ブルミストロフ巡回大使らと会談した。

ロシア外務省の説明によれば、両氏は「朝鮮半島情勢に関する詳細な意見交換」を行ったという。崔氏はイーゴリ・モルグロフ外務次官とも会談した。

ロシア外務省は会談後に発表した声明で、ロシア側は会談を通じ、現在の朝鮮半島における緊張を平和的な政治・外交手段を通じて解決するために協力する用意があることを確認した、としている。

ロシアは国連安全保障理事会で対北朝鮮制裁決議に賛成しながらも、同時に米韓合同軍事演習の中止を求めるなど、北朝鮮の要求に沿った主張をしている。