今季3ゴール目をヘディングシュートで決めた福田。「勝てたことが一番」と胸を張った。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大

[J1リーグ28節]鳥栖 1-0 鹿島/9月30日/ベアスタ

 鳥栖がMF福田晃斗の一発で首位・鹿島を沈めた。

 決勝点のシーンは終盤の80分、敵陣に押し込んだ鳥栖は、右サイドのペナルティエリア手前から前節2得点のルーキー田川亨介が左足でクロスを上げる。すると、これを鹿島の日本代表センターバックコンビ、昌子源と植田直通の間に上手く入り込んだ福田晃斗が、ヘディングシュートでゴールネットを揺らした。昌子の死角から飛び込み、植田もビクトル・イバルボの対応に気を取られた隙を上手く突いた。

 殊勲のゴールを決めた170センチの小兵MFはヒーローインタビューで開口一番、「身長が小さくてもヘディングでゴールを決められると証明できた」と胸を張った。

 そして、「勝てたことが一番。もっともっと上位へ行くために1勝1勝積み重ねていきたい」とさらなる浮上を誓った。

 また鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督は、「鹿島を相手に内容的にもスコアも上回った。本当に素晴らしい試合をしてくれた。こういう試合では、選手たちはピッチ上で自分たち自身で何かを感じるもの。(選手には)何も言葉は必要ないと思う」と金星を挙げた選手たちを賞賛した。