神戸、敵地で2ゴール完封…新潟はトンネル抜け出せず16戦未勝利に

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第28節が30日に行われ、アルビレックス新潟とヴィッセル神戸が対戦した。

 前半は両チームともにチャンスを作りながらも無得点で折り返す。試合が動いたのは53分だった。神戸は左CKを獲得すると、藤田直之の蹴ったボールが新潟の選手のオウンゴールを誘発。1点を先行する。リードを許した新潟は途中出場のドウグラス・タンキらがゴールを目指すが、なかなか追いつくことができない。88分、神戸はルーカス・ポドルスキが1人で相手守備陣を切り裂き左足でゴール。決定的な2点目を奪った。試合はこのまま神戸が2−0で勝利。新潟はこれでリーグ戦16試合未勝利となっている。

 次節、14日に新潟はガンバ大阪と、神戸は浦和レッズと、ともにアウェイで対戦する。

【スコア】
アルビレックス新潟 0−2 ヴィッセル神戸

【得点者】
0−1 53分 オウンゴール(ヴィッセル神戸)
0−2 88分 ルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸)