サガン鳥栖が鹿島アントラーズに勝利【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

【サガン鳥栖 1-0 鹿島アントラーズ J1第28節】

 30日、明治安田生命J1リーグ第28節の試合が行われ、サガン鳥栖と鹿島アントラーズが対戦した。

 前節まで5連勝で順調に首位を走り、2位の川崎フロンターレと3位の柏レイソルに8ポイントの差をつけた鹿島。連覇に向けてさらにもう一歩前進する白星を挙げたいところだった。

 だが前半をスコアレスで折り返し、後半半ばを過ぎてもゴールは生まれず。78分には負傷から2ヶ月ぶりの復帰となるFWペドロ・ジュニオールも投入して1点を狙いにいった鹿島だが、その直後に先制点を奪ったのは鳥栖の方だった。

 田川が右サイドのペナルティーエリア手前から左足で上げたクロスに、ゴール正面でフリーとなった福田がヘディングで合わせてゴール左隅へ低いボールを送り込む。そのまま1点リードを守り抜いた鳥栖が勝利を収める結果となった。

 鹿島は第22節の川崎F戦に敗れて以来6試合ぶりの黒星で、大岩監督にとっては就任以来2敗目。遅れて試合を行う川崎Fや柏など後続チームには勝ち点差を縮めるチャンスが訪れた。

【得点者】
80分 1-0 福田晃斗(鳥栖)

text by 編集部