saopaulofotografia

写真拡大

仲睦まじく寄り添い、ほほ笑み合う1組の老夫婦。こちらはブラジルのサンパウロで撮影された『結婚写真』です。

2人が結婚式を挙げたのは1957年のこと。親族による手作りの小さな結婚式でした。

式の様子を撮影した写真は1枚もなく、当時の光景は夫婦の記憶に残っているのみだったそうです。

現在9人の子どもと16人の孫、さらに4人のひ孫に恵まれた2人。式を挙げてから60年が経った2017年、改めて『結婚写真』を撮ることにしました。

60年目の結婚式

夫婦を祝うために集合したのは、サンパウロで活躍するプロの演出家たちです。

さまざまな人の協力により、2人は再び愛を誓いあうことができました。

式の最中も、お互いの顔を見ては、ほほ笑み合う夫婦…相手への深い愛情がうかがえますね。

夫婦の写真に、感動する人が続出しました。

愛が伝わってくる。素晴らしい結婚式だ。涙があふれた。こんなに美しい写真は見たことがない。

2人が手を取り合って歩んできた道のりには、喜びはもちろん、苦しみもあったことでしょう。

お互いを支え合い、いつくしむ夫婦の姿には、60年分の愛がにじんでいました。

[文・構成/grape編集部]