名門マルセイユと契約延長の酒井宏樹が胸中告白 「リーダー的キャラではないので…」

写真拡大

マルセイユと2021年まで契約更新 「単純に嬉しい」と喜び露わ

 フランス1部のマルセイユは29日、日本代表DF酒井宏樹と2021年まで契約を延長することを正式発表した。

 これを受けて、クラブ公式ツイッターではインタビュー動画を公開し、酒井は「単純に嬉しい」と喜びを露わにしている。

 酒井は2009年に柏レイソルでJリーグデビューを飾ると、2012年に当時ドイツ1部のハノーファーへ移籍。4シーズンにわたってコンスタントに出場を重ね、着実に成長を遂げると、2016年6月にマルセイユへ完全移籍した。

 マルセイユでは1年目から35試合1得点とフル稼働し、2年目の今季も定位置を確保。ここまでリーグ戦7試合を終えて6試合で先発を飾るなど、右サイドバックとして高い評価を得ている。そうした活躍が評価され、契約延長の運びとなった。

「単純に嬉しいですし、このような伝統のあるクラブで2021年まで自分がプレーできると思うと幸せです」

 チームは今季、UEFAヨーロッパリーグを戦っており、リーグ戦では暫定5位につける。酒井はUEFAチャンピオンズリーグの出場権獲得(リーグ3位以内)が目標と語りつつ、タイトル奪取を狙いたいと明かす。

「個人的にもチーム的にもチャンピオンズリーグで戦いたいと思います。もちろん、そのなかでリーグカップ、どれか一つでもタイトルを獲れれば素晴らしいんじゃないかなと思います」

居心地が良く…「仲良くしてもらっている」

 マルセイユは今季、フランス代表DFアディル・ラミ、チュニジア代表DFアイマン・アブデヌール、ブラジル代表MFルイス・グスタボ、ギリシャ代表FWコンスタンディノス・ミトログルら各国の代表クラスを獲得。大型補強を敢行して戦力の底上げを図った。

 在籍2シーズン目の酒井は、ベースアップを図ったチームについて「非常に雰囲気は良いですし、すごくみんなに仲良くしてもらっているので、このまま続けていければいい」と語り、居心地の良さを感じているようだ。また、自身の役割は「リーダー的ではない」と続けている。

「僕はリーダー的なキャラクターではないので、このままサッカーに集中して少しでも助けられればいいかなと思います」

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表でも、不動の右サイドバックとして定着している酒井。来年6月のロシア・ワールドカップ出場を見据える27歳は、フランスの名門クラブでさらなる成長を見せてくれそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】マルセイユ公式ツイッターに投稿された酒井宏樹のインタビュー

マルセイユ公式ツイッターに投稿された酒井宏樹のインタビュー